アーク・エリプス-A

分類 現代美術
分類No. 2-O-9
種別 油彩
収蔵年度 昭和56
作家名 中西 夏之
作家名 ふりがな なかにし なつゆき
作家名 English NAKANISHI, Natsuyuki
作品名 アーク・エリプス-A
作品名 ふりがな あーく・えりぷす-えー
作品名 English Arc・ellipse-A
制作年 和暦 昭和56
制作年 西暦 1981
(各)
縦 (cm) 227.5
横 (cm) 181.9
奥行 (cm)
材質・技法・形状 油彩・画布
員数
備考
出品展
文化財等指定
寄贈品
作品解説 中西夏之は、1960年代前半に、電話機や時計などをアクリル樹脂で固めた「コンパクト・オブジェ」のシリーズを制作し、ついで街頭でハプニングを頻繁に行ったが、その後暗黒舞踏派の土方巽の身体理論に深く共鳴し、身体とイメージの関係を絵画制作の基本テーマに据えることになる。そして絵画を作者の肉体の延長上に存在するものと捉え、作品をシリーズで制作することで、肉体の変化とともに画面が微妙に変わることを示そうとした。「アーク・エリプス」のシリーズは、左側に描かれた弓形が基本となり、その孤形の曲線が、作品の中で無数に繰り返されているが、これも作者のもつ絵筆によって、肉体的スケールとして決定されたものである。