比良多雪

分類 日本画・郷土美術
分類No. O-1
種別 油彩
収蔵年度 昭和58
作家名 田村 一男
作家名 ふりがな たむら かずお
作家名 English TAMURA, Kazuo
作品名 比良多雪
作品名 ふりがな ひらたせつ
作品名 English Heavy Snow upon Mount Hira
制作年 和暦 昭和55
制作年 西暦 1980
(各)
縦 (cm) 97.0
横 (cm) 162.1
奥行 (cm)
材質・技法・形状 画布・油彩 額装 1面
員数
備考
出品展 個展 (銀座松屋)
文化財等指定
寄贈品
作品解説 低く垂れこめた冬の雲が、横に長い画面の空ほとんどを占め、下方にすっぽりと雪に覆われた比良の山並みと、手前に琵琶湖が横たわっている。琵琶湖をはさんで比良の対岸、野洲川の河口あたりから眺めたのであろうか。雄大な山容は湖水に落ち込むように接近し、厳冬の湖水とともに細やかに描写されている。比良といえば、近江八景の「比良暮雪」をイメージするが、ここでは現代に描かれた湖国の風景画として作者の思いがよく伝わってくる。山の画家と呼ばれる作者は、この作品の制作後、比良をモチーフに翌年、再度「比良初雪」を描き発表している。