近江名所図

分類 日本画・郷土美術
分類No. J-49
種別 日本画
収蔵年度 昭和58
作家名 狩野派
作家名 ふりがな かのうは
作家名 English The KANO School
作品名 近江名所図
作品名 ふりがな おうみめいしょず
作品名 English Celebrated Places of Omi
制作年 和暦 室町末期
制作年 西暦 16世紀後半
(各)
縦 (cm) 137.0
横 (cm) 361.0
奥行 (cm)
材質・技法・形状 紙本金地著色 6曲1双
員数 一双
備考 旧作品名「琵琶湖風景図」
出品展
文化財等指定 重要文化財
寄贈品
作品解説 近江名所図屏風の最古本で、近江八景が定型化する前の中世末の景観を描く。概して神々の名所を、左隻左から右隻右に向けて南から北へと順次描いている。季節は概ね左から右に春・秋・冬と移り、桜の三井寺、紅葉の日吉社と、名所に似つかわしい季節感も織り交ぜる。16世紀後半の狩野派画人の作とみられ、狩野永徳の筆と断定する見解もある。本作品を題材に景観年代論の是非も問われたが、近時本作品に政治性を読み取り、六角義賢により注文され将軍足利義輝に贈られたものとみる意見も出された。