四季草花図 冬季・夏季


分類 日本画・郷土美術
分類No. J-47
種別 日本画
収蔵年度 昭和58
作家名 小茂田 青樹
作家名 ふりがな おもだ せいじゅ
作家名 English OMODA, Seiju
作品名 四季草花図 冬季・夏季
作品名 ふりがな しきそうかず とうき・かき
作品名 English Flowering Plants of The Four Seasons; Winter and Summer
制作年 和暦 大正8
制作年 西暦 1919
(各)
縦 (cm) 132.5
横 (cm) 259.0
奥行 (cm)
材質・技法・形状 紙本著色・金銀砂子散 6曲1双
員数 一双
備考 2双のうち1双
出品展 第6回院展 落選
文化財等指定
寄贈品
作品解説 第6回再興院展に「四季」6曲2双屏風として出品したが、落選した。前年の出品作「菜園」が入選作7点のうちに選ばれ、自信をもって出品しただけに青樹の落胆は大きかった。落選の理由は、表面に撒いた砂子が浮き上がり画面が光って観賞にたえないからとされているが、この理由は説得力を欠いている。実際は434点中入選6点という院展の超厳選主義の犠牲とも、青樹の日頃の言動が先輩の作品に辛辣だったせいとも考えられている。琳派風の装飾性を近代的に表現しようとした労作に相違なく、青樹は2年後の個展にこの作品を再度発表陳列し、土田麦僊はこれを観て国画創作協会に青樹を誘ったという。