湖畔残春


分類 日本画・郷土美術
分類No. J-1
種別 日本画
収蔵年度 昭和58
作家名 池田 遙邨
作家名 ふりがな いけだ ようそん
作家名 English IKEDA, Yoson
作品名 湖畔残春
作品名 ふりがな こはんざんしゅん
作品名 English Lakeside in Late Spring
制作年 和暦 大正9
制作年 西暦 1920
(各)
縦 (cm) 167.0
横 (cm) 375.0
奥行 (cm)
材質・技法・形状 絹本著色 6曲1双
員数 一双
備考
出品展 第2回帝展
文化財等指定
寄贈品
作品解説 第2回帝展に入選した本図は、帝展の出品目録には「彦根城臺展望」の副題があり、彦根城堀端の農家にこもって制作したといわれる。洋画を学び、水彩画「みなとの曇り日」が8回文展に入選していた遙邨は、この前年に京都に出て日本画に転向した。前年の帝展入選作「南郷の八月」とともに、洋画を学んだ遙邨らしい明快な色調の作である。遙邨自身、帝展の新しい絵を歓迎する雰囲気に乗じたのが、自らの洋画から転向した絵であったと、語っている。