Fetish-OHW

分類 現代美術
分類No. 2-Z-20
種別 その他
収蔵年度 平成5
作家名 本田 昌史
作家名 ふりがな ほんだ まさし
作家名 English HONDA, Masashi
作品名 Fetish-OHW
作品名 ふりがな ふぇてぃっしゅ-おーえっちだぶりゅ
作品名 English Fetish-OHW
制作年 和暦 平成4
制作年 西暦 1992
(各)
縦 (cm) 450.0
横 (cm) 460.0
奥行 (cm)
材質・技法・形状 綿布・顔料
員数
備考
出品展
文化財等指定
寄贈品
作品解説

モノクロの図柄をプリントした横幅約90センチの布を横に5枚並べ、壁から床に迫り出すように吊るす大型の作品である。制作にあたっては、コンピューター・グラフィックスとシルクスクリーンが併用されている。作者が思い描くイメージや制作意図は明確に存在するが、それを実現するには、コンピューターの存在を必要不可欠とするところがいかにも現代的である。

本田の作品は、布地の上に細やかな幾何学文様を地紋として配し、その中央に人物の形態や、足を井桁状に組んだものが浮遊する。人物の形態はきわめて平面的に処理され、パターン化された複雑な迷路のような様相を呈している。それは情報の氾濫とOA化の波の中で、人間性が蝕まれている状況をコンピューターを使って冷ややかに風刺しているようにも見える。

一方ジーンズと運動靴を履いた足(たぶん作者自身の足であろう)は、はるかに力強くて逞しい。しかもそのうちの3本は、文字通り大地をしっかりと踏みしめている。現代を頭=コンピューターが支配する時代とすれば、その対極にあるのが足である。かつて労働力の代名詞であった手は、昨今では「頭脳」の奴隷になり、端末機を操る部品に貶められている。これに対して足は車の存在に脅かされつつも、まだ人間らしさを保っている。とすると強烈に自己主張するこれらの足たちは、肉体と人間性の復権を訴え、現代文明に痛烈なキックを加えていると言えないだろうか。