湖国滋賀と京都画壇

1989年2月18日1989年3月26日
風光明媚な近江は、古くから画人たちに格好の画題を提供する土地であった。江戸後期、18世紀半ば頃に、新しい絵を描くことをめざす気運が起こったおりには、世の中が落ち着いて社会的規制が緩やかになったことともあいまって、画人たちの往来も盛んになる。この気運を代表する画家、円山応挙、岸駒、曽我蕭白らは、いずれも近江を訪れ、当地に作品を遺している。また幕末から明治にかけては、維新動乱による喧騒の京を逃れて湖国で生気を養った画人がおり、明治に入り世が落ち着いて以降も、西洋画法をいかに日本画に導入するかで苦悩する近代画人たちが、写生や、寺社・商家の襖の揮毫など、目的は様々ながら本県に滞在し、苦悩とともに貯えた力量を今に示している。
京都画壇の画人たちと近江のこのような関わりに、画家の後援者と称すべき、芸術上の理解者が果たした役割は大きい。彼らは画人たちをうけ入れ、親交を深め、金銭面のみならず、制作活動を支える理念にも、大いなる奨励と保護を与えたのである。本展の作品群は、当時の近江の人々が画人ひとりのみならず、近代日本画黎明期に与えた影響の大きさを物語っている。
本展では、このような芸術上の後援者の存在に着目しながら、近江に生を享け明治の京都画壇で活躍した画人たちの作品も併せ、52件の絵画作品を展示・公開し、近代初期の京都画壇に本県が果たした役割を展望した。
主  催 滋賀県立近代美術館、京都新聞社
会  場 企画展示室1・2
観覧者数 7,895人 (一日平均 256人、一日最高 839人)
関連行事 ○講演会 「京・近江における画人の交流」
平成元年3月19日(日)  於:講堂
講師:石丸正運(当館学芸課長)
○日曜美術鑑賞会 「作品解説」
平成元年3月12日(日)  於:講堂
講師:岩田由美子(当館学芸員)
図  録 240×250mm、115ページ(カラー作品図版11点、モノクロ作品図版122点、挿図等資料82点)
編集・発行:滋賀県立近代美術館、京都新聞社
内容:○論文:「湖国滋賀と京都画壇 -京滋における画人の往来」 石丸正運
○作品解説:石丸正運、高梨純次、岩田由美子
○略年譜:岩田由美子編
○主要参考文献:岩田由美子編
新聞関連記事 京都新聞 平成元年2月17日(朝刊第2集、特集)  「京滋における画人の往来」 石丸正運
平成元年2月21日~27日(朝刊) 高梨純次、下村良之介、大橋乗保、塩川京子、小牧源太郎
読売新聞 平成元年3月2日(夕刊)  「湖国滋賀と京都画壇展」 高梨純次
番号 作 者 作品名(作者) 員 数 品質形状 法 量(cm) 時代・年代 所 有 者 備 考
1 円出 応挙 山水図 2面 紙本墨画 (各)168,4×91.2 1765年(明治2)頃 大津市 園城寺  
2 曽我 蕭白 月夜山水図 6曲1双 紙本墨画淡彩 (各)151.4×368.0 江戸 大津市 近江神宮  
3 曽我 蕭白 山水図 4面 紙本墨画 (各)172.2×92.3 江戸 大津市 延暦寺  
4 曽我 蕭白 楼閣山水・松竹梅図 8面(4枚) 紙本墨画(襖装) (各)168.4×92.4 江戸 栗東町 個人 建造物は重文
5 松村 呉春 波に鶴図 6曲1双 紙本金地著色 (各)156.4×347.0 江戸 高月町 布施美術館  
6 伝 岸駒 梅図 8面 紙本墨画

(大・各)71.0×133.0

1786年(天明6)頃 長浜市 個人  
          (小・各)171.0×88.7      
7 岸   岱 龍虎図(下絵) 1枚 紙本著色 125.7×155.9 1829年(文政12) 日野町 大窪町  
8 岸   岱 富士図 1幅 紙本墨画 49.1×87.0 1842年(天保13) 甲南町 個人  
9 紀  楳亭 蓬莱群仙図 1幅 紙本著色 96.3×127.1 1805年(文化2) 本館  
10 紀  楳亭 夏山書屋図 6曲1隻 紙本著色 149.5×341.6 江戸(50歳代) 本館  
11 紀  楳亭 大津絵 2曲1隻 紙本著色 (各)135.5×56.7 1804年(文化1) 滋賀県立琵琶湖文化館  
12 横井 金谷 汲清泉闘茗図 6曲1隻 紙本淡彩 150.8×361.0 江戸(60歳代) 本館  
13 横井 金谷 吉野熊野真景図 6曲1双 紙本墨画淡彩 (各)166.0×363.0 1806年(文化3) 本館  
14 中島 来章 福禄寿花黄鳥図 1幅 絹本著色 144.0×72.5 1864年(元治1) 本館  
15 中島 来章 花鳥図 1幅 絹本著色 99.8×40.5 江戸末期 本館  
16 中島 来章 高士書画図 6曲1双 紙本著色 (各)155.1×356.2 江戸末期 東京都 個人  
17 塩川 文麟 龍図 1面 板金地墨画 146.3×76.4 1838年(天保9) びわ町 宝厳寺 絵馬
18 塩川 文麟 香魚小禽図 6曲1双 紙本著色 (各)167.4×371.6 江戸末期 日野町 個人  
19 塩川 文麟 綿向山・日野川図 1幅 絹本著色 99.6×40.3 江戸末期 日野町 個人  
20 八木 奇峰 田家図 8面 紙本墨画 (各)171.3×62.6 江戸末期 びわ町 慈栄寺  
          (各)171.3×87.8      
          (各)171.3×133.7      
21 八木 奇峰 花鳥図 6曲1双 金地著色 (各)170.1×366.2 明治初期 長浜市 個人  
22 富岡 鉄斎 越渓観楓図 1幅 紙本著色 136.7×48.2 1869年(明治2) 宝塚市 清荒神清澄寺  
23 富岡 鉄斎 酔僊図 1幅 紙本墨画淡彩 140.0×62.5 明治 高月町 布施美術館  
24 富岡 鉄斎 ノ貫陰栖図 1幅 紙本墨画 136.0×55.0 1892年(明治25) 高月町 布施美術館  
25 富岡 鉄斎 妙義山・瀞八丁図 6曲1双 絹本著色 (各)168.2×374.4 1906年(明治39) 高月町 布施美術館  
26 富岡 鉄斎 山荘談会図 1幅 絹本著色 142.9×41.9 1911年(明治44) 高月町 布施美術館  
27 富岡 鉄斎 弘景聴泉図 1幅 絹本著色 169.3×54.7 1916年(大正5) 長浜市 個人  
28 富岡 鉄斎 酔李白図 1幅 紙本墨画淡彩 137.2×60.6 1924年(大正13) 高月町 布施美術館  
29 富岡 鉄斎 紅蓮図 1幅 絹本著色 120.4×49.6 明治 高月町 布施美術館  
30 富岡 鉄斎 田家勤務図巻 1巻 紙本墨画淡彩 22.0×260.0 明治 高月町 布施美術館  
31 富岡 鉄斎 耶馬渓真景図巻 1巻 紙本著色 30.7×1050.0 明治 高月町 布施美術館  
32 野口 小蘋 山水図 1幅 紙本著色 178.5×47.5 1885年(明治18) 本館  
33 野口 小蘋 春山暁靄・秋巒晩霽図 双幅 絹本著色 (各)152.5×71.0 1898年(明治31) 本館  
34 野口 小蘋 山水図 1幅 絹本著色 108.8×173.5 明治(50歳代) 本館  
35 岸 竹堂 柳鷺図・桜図・ 16面(8枚) 紙本墨画(襖装) (各)186.1×92.5 1886年(明治19)頃 京都市 無礙光院  
    芦雁図・群鶴図            
36 岸 竹堂 猛虎図 2曲2双 紙本著色 (各)172.0×230.0 1895年(明治28) 本館  
37 岸 竹堂 月下吼狼図 1幅 絹本墨画淡彩 131.2×51.2 1894年(明治27)頃 本館  
38 鈴木 松年 松図 8面 紙本墨画 (各)173.6×114.3 1909年(明治42) 大津市 延暦寺 所在 滋賀院
39 久保田 米僊 蓬莱山図 1幅 紙本墨画淡彩 129.8×45.7 1878年(明治11) 中主町 個人  
40 久保田 米僊 風物図 6曲1双 紙本墨画淡彩 (各)170.0×375.0 1878年(明治11)頃 中主町 個人  
41 久保田 米僊 風物図 6幅 紙本墨画淡彩 (各)121.2×41.7 1878年(明治11)頃 中主町 個人  
42 久保田 米僊 十六羅漢図 1幅 紙本墨画淡彩 143.0×68.8 明治 中主町 仏眼寺  
43 野村 文挙 永源寺図 1面 絹本著色 41.2×207.6 1884年(明治17) 五個荘町  
              歴史民族資料館  
44 野村 文挙 日吉社頭図 2曲1双 紙本墨画淡彩 (各)160.0×172.4 明治 五個荘町 個人  
45 野村 文挙 嵐山・高雄図 6曲1双 紙本金地著色 (各)154.0×349.0 明治 本館  
46 竹内 栖鳳 千山万壑之図 4曲1双 紙本墨画 (各)177.3×352.2 1896年(明治29) 長浜市 昌徳寺  
      6曲1隻   180.6×518.5      
47 竹内 栖鳳 松韻流水図 4幅 紙本墨画 (各)171.5×88.4 1896年(明治29) 長浜市 個人  
48 山元 春挙 深山雪霽鹿図 4曲1隻 絹本墨画 135.0×229.8 1895年(明治28)頃 本館  
49 山元 春挙 法塵一掃 1幅 絹本著色 160.5×231.9 1901年(明治34) 本館  
50 山元 春挙 ロッキー山の雪 1幅 紙本墨画 221.1×174.5 1905年(明治38)頃 大阪市(高島屋史料館)  
51 山元 春挙 唐崎の松 6曲1双 紙本墨画 (各)166.7×372.0 1907年(明治40)頃 京都市 個人  
参考出品 幸野 楳蘋 東写真(画帖) 1冊 紙本著色 12.5×17.0 1876年(明治9) 京都市 個人