サポーター会会則

美術館サポーター

滋賀県立美術館サポーター会 会則

    (名称)
第1条    本会は滋賀県立近代美術館サポーター会という。

    (事務局)
第2条    本会の事務局は滋賀県立近代美術館サポーター室に置く。

    (目的)
第3条    サポーターは美術館と来館者をつなぐかけ橋となり、美術館業務の一環として来館者へのきめ細かい
        対応や広報活動を行う。
    また、その活動を通じて美術を愛好する人々の増大と地域との連帯強化をはかり、ボランテア精神を    持って美術館の発展に貢献する。

    (活動)
第4条    1.来館者に対する作品解説
    2.小中学生などの美術館体験のサポート
    3.館外での教育普及活動のサポート
    4.美術館事業の広報活動をサポート

    (会員)
第5条    滋賀県立近代美術館の事前研修を終了しサポーターとして任命されたもので構成する。
    サポーターは毎月の学習会に可能な限り出席する。

    (役員)
第6条    1.本会に次の役員を置く。
    (1)会長1名
    (2)副会長2名以上
    (3)曜日班々長6名
    (4)プロジェクト班々長
    2.会長・副会長および曜日班々長、プロジェクト班々長の任期は、1年とする。
    3.会長、副会長は会員の選挙で選出し、曜日班々長、プロジェクト班々長は互選する。
    4.会長はサポーター会の会務を総括する。副会長は会長を補佐し総務、会計を担当する。

    (会議)
第7条    1.サポーター会の総会は年一回行う。
    2.役員会は学習会の際に行う。
    3.その他必要に応じて会長が召集する。

    (会費)
第8条    会費を年1,000円とする。

    (会則の改正)
第9条    本会の会則はサポーター会の承認により変更することが出来る。

    (事業年度)
第10条    事業年度は毎年4月1日より3月31日とする。

附則    この会則は平成19年4月1日より施行する。
改正1    平成23年1月26日  6条1.(2)、
改正2    平成26年4月 5日  6条2.