小倉遊亀略年表

 

西暦 年号 事 項
1895 明治28 大津、丸屋町(現・大津市中央1丁目)に、溝上巳之助・朝枝の第一子として生れる。
1907 40 滋賀県立大津高等女学校に入学する。
1913 大正 2 滋賀県立大津高等女学校を卒業し、奈良女子高等師範学校国語漢文部に入学する。
1917 6 奈良女子高等師範学校を卒業し、京都の第三高等小学校で教師となる。
1919 8 京都の第三高等小学校を退職し、名古屋の椙山高等女学校教諭となる。
1920 9 椙山高等女学校を退職し、横浜の捜真女学校教諭となる。
安田靫彦に入門する。
1922 11 日本美術院第8回試作展に「静物」が入選する。
1926 15 「童女入浴」を第1回革丙会展に出品、小林古径・速水御舟らに注目される。
第13回院展に「胡瓜」が初入選する。
1928 昭和  3 第15回院展に「首夏」が入選し、日本美術院院友に推挙される。
1929 4 第16回院展に「故郷の人たち」を出品する。
1932 7 女性として初めて、日本美術院同人に推挙される。
1934 9 東京府女子師範学校でも教鞭をとる。
1936 11 横浜の捜真女学校を退職する。
第23回院展に「受洗を謳う」を出品する。
山岡鉄舟門下の禅徒、小倉鉄樹を知り、その教えを受ける。
1938 13 小倉鉄樹と結婚し、大船町山ノ内(現・鎌倉市山ノ内)の鉄樹庵に住む。
1939 14 東京府女子師範学校を退職し、教職生活を終える。
1941 16 第28回院展に「観世音菩薩」を出品する。
1942 17 第29回院展に「夏の客」(2面)を出品する。
1944 19 小倉鉄樹、79歳で没する。
1945 20 戦争の激化にともない、母とともに大津に疎開する。
1947 22 第32回院展に「磨針峠」を出品する。
1949 24 毎日新聞連載の谷崎潤一郎「少将滋幹の母」の挿画を描く。
1950 25 第35回院展に「花屑」「瓶花」を出品する。
1951 26 第36回院展に「娘」を出品する。
1953 28 第38回院展に「O夫人坐像」を出品する。
1954 29 「O夫人坐像」他の業績に対して、第4回上村松園賞が贈られる。
第39回院展に「裸婦」を出品する。
1955 30 「裸婦」に対して芸能選奨美術部門文部大臣賞が贈られる。
1956 31 第41回院展に「小女」を出品する。
1957 32 「小女」に対して、第8回毎日美術賞が贈られる。
1958 33 第43回院展に「家族達」を出品する。
1959 34 第44回院展に「家族達」を出品する。
1961 36 第46回院展に「母子」を出品する。
1962 37 「母子」に対して、第18回日本芸術院賞が贈られる。
第47回院展に「画人像」「若い人」を出品する。
1963 38 第48回院展に「少女」を出品する。
1964 39 第49回院展に「兄妹」を出品する。
1965 40 第50回院展に「月」を出品する。
1966 41 滋賀県立琵琶湖文化館で『小倉遊亀回顧展』が開催される。
1967 42 第52回院展に「菩薩」を出品する。
1968 43 第53回院展に「観自在」を出品する。
1970 45 第55回院展に「姉妹」を出品する。
1973 48 勲三等に叙され瑞宝章が贈られる。
1974 49 第59回院展に「聴く」を出品する。
1975 50 神奈川県文化賞が贈られる。
1976 51 第61回院展に「青巒」を出品する。
日本芸術院会員に任命される。
1977 52 第62回院展に「雪」を出品する。
1978 53 第63回院展に「或る御神像」を出品する。
文化功労者として顕彰される。
1979 54 滋賀県文化賞が贈られる。
第64回院展に「菩薩」を出品する。
滋賀県立琵琶湖文化館で『滋賀県文化賞受賞記念 小倉遊亀展』が開催される。
1980 55 第65回院展に「厨のもの(一)・(二)・(三)」を出品する。
文化勲章が贈られる。
昭和59年に開館予定の滋賀県立近代美術館に、自作20件を寄贈する。
1981 56 大津市の名誉市民として表彰される。
1984 59 第69回院展に「うす霜」を出品する。
滋賀県立近代美術館で『開館記念 小倉遊亀回顧展』を開催する。
1985 60 第70回院展に「花三題」を出品する。
1986 61 第71回院展に「花と果物」を出品する。
1988 63 第73回院展に「古陶磁と青柿・白桃・マンゴーなど」を出品する。
1989 平成 1 第74回院展に「紅白紫黄」を出品する。
1990 2 日本美術院理事長に就任する。
第75回院展に「半夏生」を出品する。
1995 7 鎌倉市名誉市民となる。
1996 8 日本美術院理事長を退き、名誉理事長となる。
1998 10 母校である奈良女子大学より、同大学第一号の名誉博士の称号が贈られる。
1999 11 パリの三越エトワールにおいて、海外では初めての個展が開催される。
2000 12 7月23日、急性呼吸不全のため、聖路加国際病院にて逝去。
同日、従三位に叙される。
同月27日、北鎌倉、浄智寺にて告別式。法名、大梅院天池遊亀大姉。
9月7日、東京、築地本願寺にて、日本美術院葬。
同月、第85回院展に、絶筆となった「盛花」を出品。
2001 13 滋賀県立近代美術館において、『追悼特別展 小倉遊亀』開催。
2002 14 東京国立近代美術館、滋賀県立近代美術館において、『小倉遊亀展』開催。