沿革

 

昭和54年 5月 滋賀県立美術館建設調査委員会を設置
昭和55年 3月 滋賀県立美術館整備基金設置(条例第4条)
昭和55年 5月 県立美術館建設委員会及び県立美術館収蔵品収集審査会を設置
昭和56年 1月 県立美術館(仮称)指名設計競技審査会を設置
昭和56年 3月 指名設計競技発注
昭和56年 4月 滋賀県教育委員会事務局文化部県立美術館開設準備室設置
昭和56年 6月 県立美術館(仮称)指名設計競技会において当選案決定
昭和56年 7月 審査結果公開
昭和56年 8月 県立美術館(仮称)新築工事設計委託
昭和56年12月 実施設計完了
昭和57年 3月 建設工事発注
昭和58年10月 建設工事竣工
昭和59年 4月 滋賀県立近代美術館設置
昭和59年 8月26日 開館記念式、開館、一般公開
昭和59年 9月 8日 滋賀県立近代美術館友の会が発足、事務局を美術館内に置く
昭和59年10月13日 第1回滋賀県立近代美術館協議会を開催
昭和60年 4月 1日 「特別展 山元春挙」から前売券販売を実施
昭和60年 4月28日 文化ゾーン北入口に案内所を設置
昭和60年 8月 1日 滋賀県立近代美術館収蔵品価格評価委員を設置
昭和61年 5月20日 「美術館連絡協議会」61年度総会を滋賀県立近代美術館にて開催
昭和62年 6月 6日 当館収集所蔵の「近江名所図(六曲屏風一双)」が国の重要文化財の指定を受ける
昭和62年11月 1日 県内の学枚団体に対する観覧料の免除措置を実施
平成 1年 4月 1日 県内に居住する65歳以上の高齢者、心身障害者(児)の常設観覧料の無料制度を実施(県立施設使用料の無料措置)
平成 4年 3月19日 講堂前ロビーにハイビジョン・ギャラリーを設置
平成 4年 9月 1日 第2土曜日の学枚等休業に伴い、県内在住または県内所在の小・中・高校等へ通学する児童・生徒の常設展観覧料の無料制度実施
平成 5年 4月 1日 毎月第3日曜日「家庭の日」に、家族連れで来館する県内居住者の常設展観覧料の無料制度を実施
平成 5年 5月 5日 「子どもの日」の常設展観覧料の無料制度実施
平成 5年 6月 9日 皇太子殿下の結婚の儀当日において、常設展観覧料を免除
平成 5年 9月 5日 「鏑木清方展」において、1日あたりの企画展観覧者数の最多記録を更新
平成 8年 3月23日 デジタルビデオサーバーを設置
平成 9年 4月 1日 第4土曜日の学校休校等に伴い、県内在住または県内所在の小・中・高校等へ通学する児童・生徒の常設展観覧料の無料制度を実施
平成 9年 4月 1日 企画県民部に移管
平成11年 9月 7日〜 9月12日 開館15周年記念「所蔵名品展 日本の絵画と工芸」の一定期間を無料公開
平成11年11月12日 天皇陛下ご在位10周年記念として常設展観覧料を免除
平成12年 1月 5日、1月10日 開館15周年記念「所蔵名品展 現代美術・新体験」の一定期間を無料公開
平成12年 3月21日 インターネットのホームページ開設
平成12年10月31日〜12月15日 小倉遊亀画伯追悼・特別展示の開設(H12.7.23 逝去 享年105歳)
平成13年 9月 9日 美術館サポーター制度の導入
平成15年11月15日〜11月16日 「関西文化の日」として常設展観覧料を免除
平成16年 4月 1日 県内外を問わず心身障害者(児)の常設展観覧料の無料制度を実施
平成16年 4月10日 寛仁親王妃信子殿下が企画展「志村ふくみの紬織り展」をご視察
平成16年 6月 5日〜 9月 5日 開館20周年を記念して展覧会「コピーの時代展」を開催
平成18年 4月 1日 ミュージアムぐるっとパス・関西2006に参加、
企画展・常設展観覧料の割引制度を実施
平成18年 7月15日 湖南4館スタンプラリーを実施
平成19年12月20日 近代美術館との連携プログラム研究会を設置
平成20年 1月 5日 ミュージアムショップを移転・改装
平成20年 3月19日 成安造形大学と相互協力に関する協定書を締結
平成20年10月 1日 ミニギャラリーの開設
平成20年12月 5日 兵庫県立美術館と相互協力に関する協定書を締結