アート・ゲームとは何か

 

『アート・ゲーム Artgame 』は1980年代にアメリカで考案された教育プログラムで、美術作品の複製図版などを使ってプレイすることにより、知らず知らずのうちに「作品鑑賞のテクニック」を身につけさせることを目的とするものである。

複製図版さえあれば、いつでも、どこでも、誰でも実践でき、また蓄積・伝達・反省によるノウハウの改良が極めて容易であるため、学校での鑑賞教育やボランティアによる館外活動などにもマッチした方法論である。 参加者のコミュニケーション能力を活性化させるゲームでもあるため、美術鑑賞教育という枠を越えて、全人格的な総合教育にも結びつく要素を秘めている。

その反面、複製画を用いたプログラムであるため、鑑賞教育のためには別途美術館等において「実作品鑑賞」を実施する必要がある。アート・ゲームはあくまで「作品鑑賞テクニックの学習」、もしくは「実作品鑑賞のための動機付け」であって、「作品鑑賞」そのものにはならないことを注意しておく必要がある。

なお本ツールでは、6種類のアート・ゲームに標準で対応しており、工夫次第で他の様々なアート・ゲームに使用することも可能である。