子ども向けプログラム

●たいけんびじゅつかん

「たいけんびじゅつかん」は、子どもたちが気軽に美術館に訪れるきっかけを作り、美術館を子どもたちにとって身近なものとするために開催する作品鑑賞プログラムです。

内容によっては当館学芸員の解説が入ったり、親子で別々の活動を取り入れたり、と新鮮な切り口で作品をお見せしていきます。

たいけんびじゅつかんプログラム一覧

●作品スケッチ大会

常設展示室に展示中の作品を、子どもたちに自由に模写してもらうイベントです。

このイベントは《模写》という行為を通して当館の展示品に親しんでもらおうと2006年から毎年開催しています。

 

●びっくりミュージアム

美術館では平成5年度から毎年夏休みに「びっくりミュージアム」と題し、ボランティアスタッフを登用して子供を対象としたイベントを実施しています。平成12年度からは常設展示室で「夏休み子ども美術館」を開催するようになったのを踏まえて、その年の常設展と関連した内容で実施しています。

●アウトリーチ活動

当館の美術館サポーターが、学校や公民館など美術館の外に出かけていって様々なイベントを行っています。

子どもや親子連れを対象としたもので、学校のほか、図書館や児童施設、公民館などにも出向いています。

活動の詳細はこちら