空間の鳥

分類 現代美術
分類No. 1-S-1
種別 彫刻
収蔵年度 昭和58
作家名 コンスタンティン・ブランクーシ
作家名 ふりがな こんすたんてぃん ぶらんくーし
作家名 English BRANCUSI, Constantin
作品名 空間の鳥
作品名 ふりがな くうかんのとり
作品名 English L’Oiseau dans 1′espace
制作年 和暦 大正15(昭和57)-大正14
制作年 西暦 1926(1982)-1925
(各)
縦 (cm)
横 (cm)
奥行 (cm)
材質・技法・形状 本体ブロンズ 台座上部 円筒形、大理石 台座中間部 十字形、石 台座底部 X型、石
員数
備考 高さ 本体135.0 台座上部17.0 台座中間部25.5 台座低部106.7
出品展
文化財等指定
寄贈品
作品解説 自然物に取材したブランクーシの彫刻は、半抽象的なかたちをしているが、決して対象から遊離したものではなく、逆に対象の原生命や本質を見事に捉えたものとなっている。「空間の鳥」は、鳥が持つ『飛行』という能力を表現しようとした作品であり、鳥の頭や足といった無駄な要素を残らず削ぎ落としていった結果、プロペラやミサイルなどとも共通する、完璧な流線型フォルムに到達することになった。絶妙のバランスを保った優美なプロポーション、ブロンズの重さを感じさせない表面処理が、重力の束縛をふりほどいて無限の天空へ飛翔する鳥のイメージを見事に再現している。なお「空間の鳥」は1923年から41年にかけて全部で16作が制作されているが、本作品は第4作を原型とした再鋳造である。