ボロフスキー展

1987年7月14日1987年8月30日
1980年代を代表するアメリカ人作家ジョナサン・ボロフスキーの日本で初めての回顧展で、当館と東京都美術館、朝日新聞社の三者の共同企画として開催された。ボロフスキーは自分の見た夢や、新聞の報道写真、雑誌の広告などから得た様々な人間像を絵にし、そのイメージを更に立体作品へと発展させるが、展覧会の空間に解き放たれた人間像は、作家自身の姿であるとともに、彼と同時代を生きる私たち自身の姿でもある。
展覧会には初期の作品から最新作までを含む、絵画、彫刻、素描、オブジェ、ビデオなど70点余が出品されたが、展示にはボロフスキー自身が4名の助手とともに来日し、その構成と新作の制作を行った。
主  催 滋賀県立近代美術館、朝日新聞社
後  援 アメリカ大使館
協  賛 富士通株式会社
協  力 日米友好基金、株式会社富士通ゼネラル
会  場 企画展示室1・2、ギャラリー、エントランスロビー、回廊、その他館内各所
観覧者数 26,454人 (一日平均 630人、一日最高 2,210人)
関連行事 ○講演会 「私の作品」
昭和62年7月18日(土)  於:講堂
講師:ジョナサン・ボロフスキー(通訳:谷里香)
○講演会 「ジョナサン・ボロフスキーの芸術」
昭和62年8月2日(日)  於:講堂
講師:安斎重男(写真家)
○親子鑑賞会
昭和62年7月29日(水)・8月19日(水)  於:講堂
講師:小林昌夫、平田健生(当館学芸員)
図  録
(共通版)
280×220mm、120ページ(カラー作品・参考図版44点、モノクロ作品・参考図版38点)
編集:真室佳武、斎藤泰嘉、乙葉哲(東京都美術館)、小林昌夫(滋賀県立近代美術館)、
尾野正晴(国立国際美術館)、帯金章郎(朝日新聞社)
内容:○論文 「ジョナサン・ボロフスキー」 リチャード・マーシャル、
「この男はペース・ダウンできるのか?(2,405,312)」 ジャン=クリストフ・アマン
○エッセイ:「ボロフスキーとミニマル、コンセプチュアル・アート」 帯金章郎、「ボロフスキーと主題」
尾野正晴、「『オズの魔法使い』とボロフ スキー」 斎藤泰嘉、「JB/インスタレーション/
インスピレーション」 小林昌夫
○年譜  ○展覧会歴、文献―日本における 金子寛編  ○展覧会歴、文献 (英文)
新聞関連記事 :

朝日新聞 昭和62年7月12日(朝刊)  「ひと:ジョナサン・ボロフスキーさん」 吉村良夫
読売新聞 昭和62年7月23日(朝刊)  展評 安黒正流
読売新聞 昭和62年7月25日(朝刊)  「ボロフスキー展」 小林昌夫

サンケイ新聞 昭和62年7月27日(朝刊)  展評 早瀬廣美
毎日新聞 昭和62年7月30日(夕刊)  展評 山村 悟
京都新聞 昭和62年8月1日(朝刊)  「美術・ボロフスキー展によせて」 村岡三郎、尾野正晴
朝日新聞 昭和62年8月6日~16日(朝刊)
「夢空間:ボロフスキー展より」 (10回連載) 平田健生、小林昌夫
京都新聞 昭和62年9月19日(朝刊)  「美術:ボロフスキー現象余聞」 太田垣實

No 作     品     名 制作年 材     質 寸   法(cm) 所  蔵  者
1 1から無限へのカウンティング 1969〜 数字を書いた紙の束 81.3×21.6×27.9 作者
2 母さん、ボク、選挙に負けた1,933,095 1972 油彩・ボード(2枚組) 40.6×101.6 ポーラ・クーパー
3 エーピ・ピース(すべてはひとつ) 1972 ミクスト・メディア 長さ約900 作者
4 夢♯1(スーパーマケット)1,944,821 1972〜73 油彩・画布(6枚組) 121.9×914.4 ポーラ・クーパー・ギャラリー
5 自分の背がピカソより高い夢を見た2,047,324 1973 油彩・ボード 50.5×40.3 マーチン・スクラー
6 芸術は精神のために2,151,726 1973 テンペラ・ボード 49.5×39.1 作者
7 切り離された頭部2,804,965 1974〜82 ブロンズ 65.4×27.9×18.4 ポーラ・クーバー
8 傾いた絵♯7 1975 木炭・画布 124.5×142.2 サチ・コレクション
9 未完成の絵2,566,492 1977〜78 油彩、インク・画布、木炭・壁 238.8×193.0(画布) シュワーツ夫妻(フサイ)
10 男の私、女の私2,468,007 1977〜79 油彩・画布、木炭・壁 160.0×199.4(画布) リヴェンデル・コレクション
11 私達自身の記憶2.491.521 1978 クレヨン・紙 35.9×27.9 ポーラ・クーパー・ギャラリー
12 無題2,494,572 1978 インク、鉛筆・紙 24.1×15.2
13 無題2.513,638 1978 インク・紙 22.9×17.6
14 空を飛ぶ夢を見た♯4 2,515,523 1978 油彩・画布 116.8×91.4 マロニー夫妻
15 ランニングマン(走る人)2,550,116 1978〜79 アクリル・合板 227.3×280.0 サチ・コレクション
16 飛ぶ人のいる絵2,567.040 1978〜80 アクリル・画布、プラス チック、 76.2×101.6(画布) 個人蔵
ワイヤー
17 メーガン家の裏で2,598,227 1978 鉛筆、インク・紙 22.9×30.5 ポーラ・クーバー・ギャラリー
18 バブル・ラップとダクト・テープ付カン 1978〜80 アクリル・画布、バブル・ ラップ、 288.3×233.7
ヴァス生地にアクリル絵具2,680,377 ダクト・テープ
19 1978〜83 アクリル・画布彩色アルミニウム 365.8×243.8×182.9 フィラデルフィア美術館
ステレオ・カセットプレーヤー
20 犬が綱渡りをする夢を見た2,671,472 1980 ヴィデオテープ(60分) (Uマチック) ポーラ・クーバー・ギャラリー
21 無題2,713,204 1980 インク・紙 36.2×28.0
22 ブリーフケースを持つ人2,783,421 1980〜82 アルミニウム 226.7×90.2×0.6 ジェミナイG.E.L.
23 自由に遊んで下さい(♯4) 1981 卓球台、他 74.3×152.4×275.6 ポーラ・クーパー・ギャラリー
24 手の影のある絵2,841,780 1981〜83 アクリル・画布、スポットライト 276.9×210.8(画布) サチ・コレクション
25 オルデイ・ステムフェルド2,738,441 1982 アクリル、木炭、鉛筆・紙 231.1×152.4 ガシュナー夫妻
26 5人のハンマリングマン(槌打つ人) 1982 板、モーター、他(5体) (各)高442.0 ポーラ・クーパー・ギャラリー
27 モルキュールマン(分子人間)2,845,318 1982〜83 彩色アルミニウム 304.8×277.5×0.6 ブロイダ・トラスト
28 空に浮かぶ人 1982〜83 ヴィデオテープ (Uマチック) ポーラ・クーパー・ギャラリー
29 メイドンフォームの女、彼女がどこに 1983 アクリル、鉛筆・画布 320.0×247.7 ブロイダ・トラスト
現われるか分からない2,841,779
30 チャタリングマン(しゃべる人) 1983〜84 板、スピーカー他(15体) (各)203.2×58.4×33.0 ポーラ・クーパー・ギャラリー
(各)213.4×58.4×33.0
31 切り離されたエルビス 1984 油彩・画布 76.2×60.6
32 無題2,906,778 1984 鉛筆・紙 25.7×20.3
33 フレンドリー・ジャイアント(優しい巨人) 1984 バブル・ラップ、モーター他 304.8×591.8×370.8
〔分子人間2,908,483〕
34 200個の卵 1985〜86 ウレタン(約200個) (各)30.5×直径15.2
35 スポットライトに浮ぶ鳥の影 1984 インク・強化ポリエステル、 320.0×355.6
スポットライト
36 切り離された頭部の絵♯2 1984 アクリル・ボード 345.4×181.6
37 切り離された印象派の静物画2,926,443 1984 油彩・ボード 63.5×73.7
38 プロジェクティングマン(投影機人間) 1984 板、プロジェクター他 209.6×61.0×33.0
39 囚人たち 1985 ヴイデオテープ(55分) (Uマチック)
40 囚人 1986 ウレタン 165.1×94.0×68.6
41 穴のある両面絵画 帆船 1986 アクリル・ボード 121.9×152.4
42 広がる男の攻撃性2,968,937 1986 アクリル・画布 330.2×365.8
43 穴のある両面絵画 静物とベルリンの犬の夢 1986 アクリル・ボード 121.9×152.4
44 踊る道化師2.964,775 1986 シルクスクリーン・紙、 モーター他 238.8×165.1 ジェミナイG.E.L.
45 夢の中で赤いルビーを見つけた 1986 アクリル板、モーター、ライト 58.4×57.2×57.2
46 足跡(左) 1986 シルクスクリーン・紙 175.3×119.4
47 足跡(右) 1986 シルクスクリーン・紙 175.3×119.4
48 足跡の銅板(左) 1986 エッチング・銅板 174.7×71.1
49 足跡の銅板(右) 1986 エッチング・銅板 174.7×71.1
50 ベルリンの夢(クローズアップ) 1986 シルクスクリーン・アクリル板 144.8×195.6
51 回転する絵 1987 アクリル・画布、モーター 86.4×55.9 ポーラ・クーパー・ギャラリー
52 二分の一の絵 1987 アクリル・画布 86.4×55.9
53 新しい絵(大) 1987 アクリル・画布 172.7×142.2
54 新しい絵(小) 1987 アクリル・画布 111.8×81.3
55 ポロフスキーの絵 1987 アクリル・画布(8枚) (各)66.0×50.8
56 樹の中の頭 1986〜87 エナメル・アルミニウム 152.4×106.7
57 カラス 1987 プラスチック (各)50.8×35.6×15.2
58 大きなルビー 1987 アクリル板、ライト、鉄 213.4×167.6×167.6
59 200枚のピン留めの素描 さまぎまな素描
60 素描のノート 現地制作など メモ、ドローイングのノート(25冊)
A 労働者のための太陽 1987 アクリル・壁 500.0×500.0
B 白いモリキュールマン(分子人間) #3 1987 ウレタン 165.1×94.0×68.6
C 神主3,031,772 1987 アクリル・壁 350.0×300.0
D 割れたガラスと草3.031,772 1987 ガラス、ビニール袋の苅草(クサ) 110.0×80.0×260.0
E 1987 アクリル・コンクリートの床 550.0×250.0.
F 夢を見た 1987 コピー、アクリル板、机 60.0×200.0×70.0
G 竹のインスタレーション 1987 竹、ひも 企画展示室2全体
H バケツ 3,031,773 1987 アクリル・ポリバケツ 25.0×25.0×25.0
I 纒足の中国人女性 1987 新聞 27.0×20.5
J チャタリングマン〈しゃペる人)と赤いライト 1987 No.30と劇場用ライトの組合せ
K チャタリングマン(しゃべる人)と素描 1987 No.30とNo.11、12、13、17、
21 、32の組合せ
L チャタリングマン(しゃべる人)と写真 1987 No.30と写真パネルの組合せ