三橋節子回願展

1986年7月23日1986年8月31日
近江に伝わる伝説に自らの心を託した作品を遺し、35歳の若さで夭折した日本画家、三橋節子(みつはし・せつこ)の作品を一堂に集め回顧する。三橋節子は 京都市立美術大学日本画科に学び、在学中の昭和35年(1960)、新制作春季展で初入選。専攻科卒業後は、新制作展、グループ展などを舞台に樹木や野 草、あるいはインドや東南アジアの人々をテーマにした作品を発表し、新制作日本画部展では春季展賞や新作家賞を受賞。新進の画家として期待され、着実に地歩を築いていた。
昭和43年(1968)には同じ新制作の日本画家鈴木靖将氏と結婚、大津市長等山山麓の琵琶湖がよく見えるアトリエで制作、一男一女をもうけ、順調な創作 の道を歩む中、突然鎖骨腫瘍を患い、昭和48年(1973)に利き腕の右腕切断という画家にとって致命的な打撃を受ける。しかし、その苦境を乗り越え、死 に至る病気であることを自覚して、逝去までの2年間、筆を左手にかえて、琵琶湖にまつわる伝説を主題に感動の秀作を描きつづけた。
三橋節子の生き方とその芸術を、没後10年経過した今、改めてその画業をみつめ直す意味で初期から絶筆までの作品100余点で横成したもの。
主  催 滋賀県立近代美術館、京都新聞社
会  場 企画展示室1・2
観覧者数 15,456人 (一日平均 442、一日最高 1,317人)
関連行事 ○講演会 「三橋節子の芸術と人生」
昭和61年8月3日(日)  於:講堂
講師:梅原猛(国立国際日本文化研究センター所長)
○講演会 「節子さんについて」
昭和61年8月17日(日)  於:講堂
講師:秋野不矩(日本画家・京都市立芸術大学名誉教授)
図  録 200×130mm、116ページ(カラー作品図版36点、モノクロ作品図版40点)
編集:滋賀県立近代美術館
発行:サンブライト出版
内容:○序 「三橋節子展によせて」 梅原 猛  ○本文 「三橋節子と野草」 岡村さわ子、「インドヘアジアヘ、そして
日本へ」 高梨純次、「湖の伝説」 石丸正運 
○年譜:岡村さわ子編
○主要参考文献:三橋時雄編
新聞関連記事

京都新聞 昭和61年7月23日 (夕刊)「三橋節子回顧展」-初期の作品から絶筆まで-カラー6枚組写真
読売新聞 昭和61年7月19日(夕刊)  <美術> 岡村さわ子
京都新聞 昭和61年8月2日(夕刊)  <美術> 「今、節子さんに」 秋野不矩(日本画家)
京都新聞 昭和61年8月4日~8日(朝刊)  「愛・心の軌跡 -三橋節子の世界-」
(土の詩) 高梨純次、(鬼子母神) 高梨純次、(菩提樹) 石丸正運、
(三井晩鐘)、(花折峠) 岡村さわ子 (5回連載)
京都新聞 昭和61年8月30日 (夕刊)  「花折峠」 (よし笛) 高城修三

No. 作 品 名 制 作 年 数 量 寸 法   (cm) 出  品  展 所   蔵
1 立 像 昭和35年(1960) 1面 162.1× 97.0 第24回新制作展
2 昭和39年(1964) 130.3× 89.4 新制作春季展
3 91.0× 45.5
4 あかね芹 73.0× 50.0
5 柳 桜 昭和40年(1965) 116.7× 90.9 新制作春季展
6 樹Ⅰ 162.1× 112.1 第29回新制作展
7 樹Ⅱ 162.1× 112.1
8 白い影 昭和41年(1966) 121.3× 75.8 新制作春季展
9 森の中 昭和42年(1967〉 90.0× 66.6 筍々会三人展
10 吾木香(われもこう) 72.7× 53.0
11 池 苑 昭和41年(1966) 150.0× 120.0 第30回新制作展
12 池 畔 90.0× 150.0
13 樹陰に立つ 昭和42年(1967) 120.0× 57.0 新制作春季展
14 疎林の中に立つ 120.0× 60.0
15 緑風の中に 90.9× 72.7 京都日本画壇新人選抜展
16 木と少女 72.8× 60.1
17 白い樹 130.3× 162.1 第31回新制作展
18 野 草 昭和43年(1968) 72.7× 90.9 第3回京都日本画総合展 京都府立総合資料館
19 少 女 22.7× 15.8 廿人の見た印度展
20 アネモネ 130.3× 162.1 新制作春季展
21 インドの子供たち 162.1× 130.3 第32回新制作展
22 カンチプラムの路上 130.3× 162.1
23 土のぬくもり 昭和44年(1969〉 130.3× 97.0 新制作春季展
24 乾いた土とサリー 130.3× 97.0
25 ベナレスの物売り 162.1× 130.3 第33回新制作展
26 カルカッタの少年達 162.1× 130.3
27 とわの土 昭和45年(1970) 1面 90.9×72.7 第5回京都日本画総合展 京都府立総合資料館
28 インドの女 45.5×37.9
29 裸足の村 90.9×72.7
30 路上(原題・あたたかき土) 130.3×97.0 新制作春季展
31 カンボジアの子供達 130.3×162.1 第34回新制作展
32 カンボジアの村 130.3×162.1
33 土の詩 昭和46年〈1971) 116.7×90.9 第1回京都同時代展
34 聖牛のいるインド風景 45.5×53.0
35 カンボジアの少女 45.5×37.9 第10回山紫会
36 よだかの星 145.5×97.0 新制作春季展
37 おきな草の星 145.5×97.0
38 土の香 162.1×130.3 第35回新制作展 本 館
39 炎の樹 162.1×130.3
40 どこへ行くの 130.3×97.0 第25回滋賀県展
41 クサマオとカラスウリ 72.7×53.0 第6回京都日本画総合展
42 お祭り 53.0×45.5 二人展
43 土の子 昭和47年(1972〉 116.7×91.0 第2回京都同時代展
44 どこへゆくの 130.0×97.0 新制作春季展
45 千団子さん 116.7×80.3 新制作研究会展
46 鬼子母 162.1×130.3 第36回新制作展
47 鬼子母神 162.1×130.3
48 石の詩 72.7×60.6 鈴木靖将・三橋節子二人展
49 遠い瞳 72.7×53.0
50 よだかの星 72.7×53.0
51 おきな草の星 72.7×60.6
52 鬼子母神 72.7×60.6
53 鬼子母 60.6×72.7
54 なずな 72.7×60.6
55 いとこたち 53.0×72.7
56 こがらしの詩 31.8×40.9
57 あけぴの頃 60.6×72.7
58 あめ屋さん 53. 0×45.5
59 インドの少年達 72.7×60.5
60 町かど 53.0×45.5 琴筍合
61 53.0×45.5
62 土の子なずな 53.0×45.5
63 裏山の収穫 53.0×72.7 第7回京都日本画総合展 京都府立総合資料館
64 帰らない部屋 45.5×37.9 第11回山紫会展
65 冬の花 50.0×45.5
66 陶器登り窯 53.0×90.9 京の百景展 京都府立総合資料館
67 湖の伝説 昭和48年(1973) 72.7×53.0 第8回京都日本画総合展
68 田鶴来 162.1×130.0 第37回新制作展 本 館
69 三井の晩鐘 162.1×130.3 京都大学附属病院
70 鷺の恩返し 97.0×145.5 第27回滋賀県展
71 菩提樹 40.9×31.8 星座の会展
72 風のはなし 27.0×24.0
73 三井の晩鐘 昭和49年(1974) 97.0×130.3 新制作春季展
74 羽衣伝説 72.7×60.6 第4回滋賀県美術協会展
75 湖の伝説 116.7×80.3 第4回京都同時代展
76 雷獣 130.3×162.1 第1回創画会
77 花折峠 130.3×162.1 京都大学附属病院
78 花折峠 97.0×145.5 第28回滋賀県展
79 古都の思い出 37.9×45.5
80 あたたかき部屋 24.0×27.0
81 母子像 昭和49年(1974) 1面 45.5×37.9 歳末助け合い寄贈画展
82 絵本「雷の落ちない村」原画 表紙絵 31.8×40.9 第2回靖将・節子二人展
83 手まりつき 45.5×53.0
84 くさまお 27.3×40.9
85 かみなり 45.5×53.0
86 浜辺のくさまお 40.9×53.0
87 かみなり退治 1 45.5×53.0
88 かみなり退治 2 27.3×40.9
89 なまず 45.5×53.0
90 網づくり 45.5×53.0
91 雷獣 1 50.0×65.2
92 雷猷 2 50.0×65.2
93 雷猷 3 昭和49年(1974) 45.5×53.0
94 「雷の落ちない村」テラコッタ 6個 高さ16.4(最大)
95 絵皿「風のかたらい」 昭和43年(1968) 1枚 口径31.3
96 絵皿「野良犬とアネモネ」
97 「三井寺の晩鐘」テラコッタ 昭和49年(1974)
98 絵皿 「花」 1枚
99 余呉の天女 昭和50年(1975 1面 53.0×72.7 第10回京都日本画総合展 京都府立総合資料館
100 印度所見 30.0×40.0
101 池  畔 昭和43年(1968) 45.5×53.0
102 青い風 30.2×24.1
103 浅春花 昭和44年(1969) 37.8×45.3
104 牛骨のある静物 72.7×90.9 第4回京都日本画総合展
105 山あいの風
106 花折峠  素描 昭和49年(1974) 1枚
107 節子のデスマスク 昭和50年(1975) 1面