「美の滋賀」講座・探訪ツアーを実施します

滋賀県では、県内各地に点在する地域の文化的資源を生かした地域づくりや魅力の発信を行う「『美の滋賀』づくり」の取り組みを2011年より進めており、その一環として滋賀県立近代美術館は過去から現在までの多彩な美の魅力を発信する「美の滋賀」の拠点・入り口となる新生美術館として生まれ変わることを目指しています。

美術館の整備と並行して、「美の滋賀」の魅力を多くの皆さんに知っていただくとともに、美術館に対する期待感を持っていただけるよう、今年度、株式会社JTB西日本に委託して「美の滋賀」講座および探訪ツアーを実施しており、このたび下記の事業について参加者を募集します。

 

「美の滋賀」講座

「美の滋賀」の奥深い魅力を、県内、関西圏・首都圏をはじめとする多くの皆さんに知っていただくきっかけを創出するため、滋賀県内および東京都内で講座を4回開催します。

【白洲正子が愛した滋賀 神と仏の美を語る】 ★参加無料

日時:平成30年1月17日(水) 14:00〜15:30
会場:LEAGUE有楽町(東京都千代田区)
内容:日本の美について優れた随筆を数多く残した白洲正子は、
「かくれ里」をはじめとした名著を数多く残しています。
白洲正子が愛した滋賀の神仏の魅力をひもときます。

講師:髙梨 純次氏((公財)秀明文化財団 参事(MIHO MUSEUM研究・展示担当))
西木 政統氏(東京国立博物館 研究員)
進行:和澄 浩介 (滋賀県立近代美術館 学芸員)

参加費:無料

【フォトジェニック「美の滋賀」–写真講座】 ★参加無料

日時:平成30年1月17日(水) 18:30〜20:00
会場:LEAGUE有楽町(東京千代田区)
内容:豊かな自然や歴史、暮らしの中にある「美」を見出し、魅力的なシーンとして切り取る写真の撮り方を、
風景や手仕事による生活道具など、「美の滋賀」をモチーフに写真家から学びます。

講師:佐藤 仁重氏(写真家)
亀口 美穂氏(ローカルメディア しがトコ 編集長)

参加費:無料

協力:パナソニック株式会社 LUMIX CLUB PicMate

上記2講座のほか、

「滋賀にゆかりの日本画の魅力を再発見する講座」
「アーティストとともに表現の楽しみを発見するファミリー向け体験講座」

を、滋賀県内で開催の予定です。
詳細が確定次第、お知らせします。

お申し込み・お問い合わせ

株式会社JTB西日本大津支店
TEL:077-522-4103
担当:三宅
またはこちらのURLでお申し込みください。

 

 

 

「美の滋賀」探訪ツアー

滋賀県ならではの文化や美術をはじめ、多彩な美を体感できる旅のモデルを提案するモニターツアーを6回実施します。全コースにおいて県立近代美術館学芸員またはそれぞれの分野の専門家が解説を行い、滋賀ならではの美への理解を深めていただくことができます。

(参加いただいた皆さまには、これからの取組に活かすため、アンケート調査への御協力をお願いしています。)

#1 学芸員と行く 比叡山秘仏特別公開と神と仏の美をめぐる一日旅 ★有料 
日時:平成29年12月6日(水)→参加者の募集は終了いたしました
同行:和澄 浩介(県立近代美術館 学芸員)
詳細はこちらをご覧ください。
#2 滋賀の建築・今昔の美を感じる一日旅 ★有料
日時:平成30年1月27日(土)
解説:柴山 直子氏(一級建築士/滋賀県ヘリテージマネージャー)
詳細はこちらをご覧ください。
#3 表現の可能性に出会い、滋賀の美を体験する一日旅 ★有料
日時:平成30年2月3日(土)
施設説明:山下 完和氏(やまなみ工房施設長)
詳細はこちらをご覧ください。
#4 湖西の暮らしと自然をめぐる フォトジェニック滋賀紀行 ★有料
日時:平成30年2月11日(日)
講師:佐藤 仁重氏(写真家)
詳細はこちらをご覧ください。
#5 学芸員と行く 白洲正子が愛した湖北の観音と神秘の島に出会う一日旅 ★有料
日時:平成30年3月4日(日)
同行:和澄 浩介(県立近代美術館 学芸員)
詳細はこちらをご覧ください。
#6 まつりの美を発見 フォトジェニック滋賀紀行 ★有料
日時:平成30年3月18日(日)
同行:辻村 耕司氏(写真家)
展示解説:髙梨 純次氏((公財)秀明文化財団 参事(MIHO MUSEUM研究・展示担当))
詳細はこちらをご覧ください。
お申し込み
お問い合わせ
株式会社JTB西日本大津支店
TEL:077-522-4103
担当:三宅
またはこちらのURLでお申し込みください。