ネットで募集!美術館思い出のエピソード、思い出の写真

美術館クロージングイベント「マデカラフェスタ」の開催に合わせて、来館者参加型の展示を実施します。

1984年8月26日のオープン以来、32年あまりの開館期間に、当館は計210本の企画展を開催し、約200万人の来館者の皆さまをお迎えいたしました。3分の1世紀。それは、開館の年に生まれた赤ちゃんが成長し結婚して、自分の子どもを連れて美術館にやってくるまでの長い年月です。この長い期間に、ひとつひとつの展覧会は来館者の皆さまの胸にさまざまな思い出を刻み込み、さまざまなドラマを産み出したことでしょう。美術館の建物も一見変わらぬように見えながら、美術館の周囲の木々が大きくなるのにあわせて風格を増し、皆さまの心にさまざまなエピソードをもたらしたことでしょう。

皆さまに長年親しまれた滋賀県立近代美術館。この施設と展覧会にまつわるさまざまな思い出を、ぜひ披露してください。心に残る展覧会の思い出や、心待ちにした作品にまつわるエピソード。皆さまがカメラやスマートフォン等で撮影した美術館の外観写真や、思い出の記念写真。それらを美術館指定の応募用アドレス宛てにメールで送ってください。応募されたエピソードや写真は「マデカラフェスタ」の会期中に、プリントアウトして美術館で展示し、またホームページでご紹介いたします。

皆さまと共に歩んだ美術館の歴史。ぜひあなたも、一緒に振り返ってください。

 

テーマ (1) 近代美術館32年の『思い出エピソード』募集!(800字以内を目安にご応募ください)
(2) 近代美術館のある『思い出の美術館風景 写メール』募集!(フィルム写真を再撮影したものでも構いません)
応募方法 ・(1)思い出エピソードの場合はメール本文、WordのDocファイル、テキストファイルなどを、
 (2)思い出写メールの場合は携帯電話やスマートフォン等で撮影した写真を、
 美術館指定の応募用メールアドレスにメールで送信して下さい。
  応募用メールアドレス:madekara@shiga-kinbi.jp
 下のQRコードもご利用ください。
 
・送信時のメールのタイトルはそのまま応募作品の題名となります。無記載の場合は「無題」となります。
・メール本文には応募者氏名(ニックネームでも可)を併せてご記載ください。
応募条件 ・応募資格は特にありません。誰でも応募可能です。
・原則として応募のあった作品は全て展示しますが、猥褻画像、差別を助長する画像等、公序良俗に著しく反する作品は主催者の判断で応募無効とさせていただきます。
応募締切 2017年3月18日(土)必着
掲示会期 平成29(2017)年 3月22日(水)─31日(金)
掲示会場 滋賀県立近代美術館(展示室ではなくギャラリーや壁面に展示予定です)
掲示方法 応募作品をプリントアウトし、題名および応募者氏名(ニックネーム)を添えて会場内に掲示いたします。
同時に、美術館ホームページ等でも公開いたします。
その他

(1)肖像権・著作権的に問題がある作品の応募はご遠慮ください。特に友人知人の顔を撮影された場合は応募前に必ず本人の許可を取っておいてください。

(2)応募者に対する美術館からの連絡はメールにて行ないます。携帯電話等でPCメールの着信拒否設定をされていると、美術館からのメールが届きません。<@shiga-kinbi.jp>ドメインからのメール着信を拒否されないよう、あらかじめ設定しておいてください。

(3)応募作品(画像データ含め)の返却はいたしません。美術館に掲示したプリントアウト画像を応募者に返却することもいたしません。

(4)メールアドレス等、応募時にメールに記載された個人情報は厳正に管理し、本展示の作品管理以外の目的には使用いたしません。