フランス象徴派展

2003年4月5日2003年5月11日
美術が文学や伝説、神話などに近づく時、想像力や夢見る力が解き放たれ、詩的な風景、理想化された過去への憧僚、無意識の世界、そして時には不安や悪夢といった幻想が、作品の中に登場する。19世紀末にヨーロッパ各地で花開いた象徴主義は、近代の合理主義文明が、科学の進歩と物質的な富の追求に邁進し、不合理で矛盾に満ちた人間の内面性を切り捨てようとした時代に、豊饒な精神の世界を開拓し、目に見えない真理や人間の情念を可視的な形象を用いて表わそうとした運動だった。象徴派の画家たちが生み出したさまざまなイメージや造形的な探求は、20世紀の美術の中にも受け継がれ、今日の漫画やファンタジー・アニメーションの源泉になっているとも言えるだろう。
本展は、パリの個人コレクターが所蔵するフランス象徴主義のコレクションをもとに構成され、ギュスターヴ・モローやオディロン・ルドン、ナピ派のモーリス・ドニをはじめ、日本ではこれまであまり紹介される機会がなかったアルフォンス・オスベール、アルマン・ポワン、アレクサンドル・セオンなど、象徴派の優れた画家・彫刻家38人の作品123点を展示・紹介した。
なお本展は、財団法人ひろしま美術館、秋田市立千秋美術館、北九州市立美術館、宮崎県立美術館を巡回した。
主  催 滋賀県立近代美術館、読売新聞大阪本社、読売テレビ、美術館連絡協議会
後  援 フランス大使館
協  賛 花王株式会社
会  場 企画展示室1・2
関連行事 ○講演会 「フランス象徴派」
平成15年4月6日(日)   於:講堂
講師:中村隆夫(多摩美術大学教授)
○日曜美術鑑賞会
平成15年4月20日(日)   於:講堂
講師:占部敏子(当館主任学芸員)
図  録 280×225mm、138ページ
編集:阿佐美淑子(北九州市立美術館)、水木祥子(財団法人ひろしま美術館)、占部敏子
発行:読売新聞東京本社、美術館連絡協議会
内容:○論文:「魂の画家たち-世紀末フランスの理想主義的象徴主義」
ジャン=ダヴィッド・ジュモー=ラフォン(美術史家)
○作家・作品解説:ジャン= ダヴィッド・ジュモー=ラフォン、占部敏子
○出品作品リスト(日・仏)   ○参考文献(仏)   ○出品展覧会(仏)
新聞関連記事 読売新聞 平成15年4月10日~5月9日(朝刊)
「夢と神秘フランス象徴派展から」  (4回連載) 占部敏子
雑誌関連記事 中央公論 平成15年4月号  「フランス象徴派展」 占部敏子
ユニヴェール・デザール日本版 第8号 平成15年4月  「時空を超えた魂の故郷を探して」 占部敏子
YomiuriWeekly 平成15年7月27日、8月3目、8月10日  「フランス象徴派展」 (3回連載) 占部敏子