20世紀巨匠の5大連作版画展 ピカソ・ルオー・シャガール・ミロ・ダリ -愛と幻想-

2002年8月24日2002年10月6日
20世紀を代表する5人の画家、パブロ・ピカソ、ジョルジュ・ルオー、マルク・シャガール、ジョアン・ミロ、サルバドール・ダリの版画連作を紹介した展覧会。ピカソの「サルタンバンク」シリーズ、ルオーの「ミゼレーレ」、シャガールの「ダフニスとクロエー」、ダリの「マルドロールの歌」ミロの「バレアレス諸島のユビュ王」といった、5人の版画連作作品の代表作・188点を一同に展示し、20世紀西洋美術のひとつの到達点を概観した。
なお、本展は、石川県七尾美術館に巡回した。
主  催 滋賀県立近代美術館、京都新聞社
会  場 企画展示室1・2
関連行事 ○日曜美術鑑賞会 (展示品解説)
日時:平成14年9月22日(日) 13時半~  於:講堂
講師:田平麻子(当館学芸員)
図  録 240×250mm、80ページ(カラー作品図版:44点、モノクロ作品図版:60点)
編集・発行:総合美術研究所
内容:○論文   ○作品解説   ○作家略歴など
新聞関連記事 産経新聞 平成14年8月21日  「20世紀を代表 画家5人の版画展」
京都新聞 平成14年8月14日  「個性輝く188点 一堂に」