長浜・大通寺の精華

2002年7月16日2002年8月18日
長浜の市街地に建つ大通寺は、浄土真宗大谷派(東本願寺)の有力な別院で、長浜御坊と呼ばれ、篤い信仰を集めている。平成10年(1998) より実施された、大通寺の文化財総合調査の成果を、調査に参加した市立長浜城歴史博物館・彦根城博物館・滋賀県立近代美術館が、おのおのの館の特性によって共同企画した展覧会で、当館は「長浜・大通寺の精華-近世寺院と障屏画」と題して、絵画と彫刻を中心に展示・公開した。なお、県内の三館でひとつのテーマにもとづいてほぼ同時に開催したこの展覧会の方式などは、新しい展覧会の方法を摸索するものとして、斯界の注目を浴びた。
主  催 特別展「長浜大通寺の精華」実行委員会
(真宗大谷派本願寺別院大通寺、市立長浜城歴史博物館、彦根城博物館、滋賀県立近代美術館)
会  場 企画展示室1・2
関連行事 ○日曜美術鑑賞会  「長浜・大通寺の精華-近世寺院と障屏画」
平成14年7月28日(日) 於:講堂
講師:高梨純次
「長浜・大通寺の精華-大通寺の仏教美術」
平成14年8月18日(日)
講師:高梨純次
図  録 255×210mm、184ページ(カラー図版:229点、モノクロ図版:6点)
編集・発行 特別展「長浜大通寺の精華」実行委員会
内容:大通寺の歴史 太田浩司(市立長浜城歴史博物館)
大通寺の美術【絵画】 高梨純次(滋賀県立近代美術館)
大通寺の美術【彫刻】 高梨純次(滋賀県立近代美術館)
大通寺の美術【書蹟】 太田浩司(市立長浜城歴史博物館)
大通寺の美術【工芸】 谷口徹(彦根城博物館)
大通寺の美術【歴史資料】 太田浩司(市立長浜城歴史博物館)
大通寺の美術【建造物】 二宮義信(長浜市教員委員会)
図版解説:太田浩司、高梨純次、谷口徹、二宮義信
新聞関連記事 京都新聞 平成14年8月10日(朝刊)  「長浜・大通寺の精華 -近世寺院と障屏画」 深萱真穂

 

他館での展覧会と関連行事

会場・展覧会名
会期
市立長浜城歴史博物館  「長浜・大通寺の精華-近世宗教文化への誘い」
平成14年6月8日(土)~7月14日(日)
市立長浜城歴史博物館  「長浜・大通寺の精華-大通寺の軌跡」
平成14年7月17日(水)~8月18日(日)
彦根城博物館  「長浜・大通寺の精華-井伊家から大通寺へ」
平成14年7月20日(土)~8月20日(火)
関連行事 ○記念講演会  「長浜・大通寺の歴史と美術」
平成14年6月22日(日)  於:大通寺
講師:太田浩司、高梨純次、谷口徹
1 親鸞上人絵伝 4幅 絹本著色 (各)138.0×76.3(cm) 江戸時代 寛永4年(1627)
2 観音・普賢・文殊像(狩野常信) 3幅 絹本著色 (各)116.7×48.5(cm) 江戸時代
3 翁・三番叟図(佐竹永梅) 2幅 絹本著色 (各)121.1×61.5(cm) 江戸時代
4 山水花鳥押絵貼屏風・〈裏面〉松に蔦図(狩野山休) 6曲1双 紙本墨画・金銀地著色 (各)152.1×353.0(cm) 江戸時代
5 松図〈玄関障壁画のうち〉 4面 金地著色 (各)199.2×139.6(cm) 江戸時代
6 菊に孔雀図〈広間上段障壁画のうち〉 2面 金地著色 (各)182.7×82.8(cm) 江戸時代
7 桐に鳳凰図〈広間上段障壁画のうち〉 2面 金地著色 (各)182.9×82.9(cm) 江戸時代
8 梅図(岸駒)〈新御座襖絵〉 12面 金地墨画 (4面各)174.5×137.0(cm)(8面各)174.5×91.1(cm) 江戸時代 天明6年(1786)
9 琴棋書画図(狩野永岳)〈新御座上段障壁画のうち〉 2面 金地著色 (各)104.0×81.0(cm) 江戸時代
10 蘇鉄図〈新御座控の間襖絵のうち〉 4面 紙本墨画 (各)174.5×92.4(cm) 江戸時代
11 楼閣山水図〈新御座控の間襖絵のうち〉 4面 紙本墨画 (各)174.5×91.6(cm) 江戸時代
12 群雀図〈新御座控の間襖絵のうち〉 4面 紙本墨画 (各)174.2×92.1(cm) 江戸時代
13 田家図〈新御座控の間襖絵のうち〉 4面 紙本墨画 (各)174.6×92.3(cm) 江戸時代
14 蘭亭曲水図〈蘭亭二の間襖絵のうち〉 4面 紙本墨画 (各)177.5×116.5(cm) 江戸時代
15 鶏図(岸駒)〈蘭亭南鞘の間杉戸絵〉 2面 板著色 (各)167.0×86.6(cm) 江戸時代 天明6年(1786)
16 牡丹唐獅子図〈蘭亭北鞘の間杉戸絵〉 2面 板著色 (各)167.7×84.8(cm) 江戸時代
17 蔦に雉子図〈含山軒東鞘の間杉戸絵〉 2面 板著色 (各)161.3×79.3(cm) 江戸時代
18 柳江図(伝狩野山雪)〈含山軒二の間障壁画のうち〉 4面 紙本墨画 (各)171.0×93.3(cm) 江戸時代
19 雪景山水図(伝狩野山雪)〈含山軒二の間障壁画のうち〉 4面 紙本墨画 (各)171.5×92.4(cm) 江戸時代
20 山水図(伝狩野山楽)〈含山軒一の間障壁画のうち〉 4面 紙本墨画 (各)171.3×92.3(cm) 江戸時代
21 山水図(伝狩野山楽)〈含山軒一の間障壁画のうち〉 2面 紙本墨画 (各)62.4×107.6(cm) 江戸時代
22 枯木双鳩図(伝狩野山雪)〈含山軒一の間障壁画のうち〉 2面 紙本墨画 (各)156.9×78.0(cm) 江戸時代
【彫刻】
1 銅造如来立像 1躯 鋳銅・鍍金 像高一八・五cm 統一新羅
2 釈迦三尊像(所在 山門) 3躯 江戸時代
釈迦如来坐像 木造・漆箔・玉眼 像高六七・〇cm
弥勒菩薩立像 木造・漆箔・玉眼 像高九六・六cm
阿難尊者立像 木造・彩色・玉眼 像高八〇・五cm