長期休館のお知らせ

 

 

 滋賀県立近代美術館は、改修・増築工事のため2017年4月1日から休館いたします。

 本館は1984年8月の開館以来、県内で唯一の公立美術館として、全国的にも質の高いコレクションを形成するとともに、様々な展覧会や事業の開催に取り組んでまいりました。この間、多くの方々にご来場いただき、ご支援をいただきましたこと、改めて厚く御礼申し上げます。

 リニューアルオープンは2020年3月の予定です。皆様には誠にご不便ご面倒をおかけいたしますが、ご理解賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

 今回の休館を経て、近代美術館はこれまでの「近・現代美術のコレクション」に加えて、滋賀県立琵琶湖文化館から引き継ぐ「神と仏の美」、そして全国に先駆けて滋賀県で培われてきた「アール・ブリュット」を柱として、多様な美の魅力を楽しんでいただける「美の滋賀」の入り口として生まれ変わります。

 休館までの間、10月からは企画展示「つながる美・引き継ぐ心-琵琶湖文化館の足跡と新たな美術館」展を、2017年2月からはウォルター・クレイン展を開催するほか、休館中も、新たな美術館につながる様々なプログラムを各地で展開する予定ですので、どうぞご期待ください。

 

休館            2017年4月1日〜
リニューアルオープン 2020年3月(予定)

 

ギャラリー利用申込の停止についてはこちらをごらんください。