色と形のリズム

2016年3月29日2016年6月26日

今回の常設展は、20世紀後半の抽象表現主義からミニマル・アートにいたるアメリカの現代美術作品を中心に、作品の色彩と形態が生み出すリズミカルな表現に着目したものです。
1900年代前半に活躍したロシアのワシリー・カンディンスキーは、見かけの形態よりもその精神的内容に芸術の価値を見いだしていました。そして、音楽を「最も純粋な芸術」の形としてとらえ、音楽理論を引用し、具体的なモチーフを持たない抽象絵画の礎を築きます。

1940年代後半から1960年代初頭にかけてニューヨークで興った抽象表現主義は、絵画の画面における表現の可能性を追求し、大画面に平坦な色面をもった精神性の高い作品が特徴です。また、抽象表現主義と同時期にヨーロッパで興ったアンフォルメルでは、問題意識を共有しつつも、エレガントな画面構成にヨーロッパの伝統が色濃く見受けられます。世界的な潮流となった抽象表現主義は、ネオ・ダダやポップ・アート、オプ・アート等、後の美術に大きな影響を与えました。特に顕著なつながりが見えるのがミニマル・アートです。

ミニマル・アートは視覚的な情報を極限まで切り詰めることで、作品をただモノそのものとして存在させようとします。代表的な作家であるアメリカのドナルド・ジャドが提唱した概念、「スペシフィック・オブジェクト」は絵画でも彫刻でもない、「特殊な特定の物体」を意味し、それが「いま・ここ」に存在すること以外、何ら意味がないことを理想としました。

これらの現実のモチーフを持たない抽象的な表現の作品は、幾何学的な形が重層的に積み重なり、さまざまな色彩が鮮やかに配置され、単純な形態が繰り返し現れるなど、正に音楽のようにリズミカルな表現が見られます。それは、高い精神性と純粋性を表現する方法として、絵画や彫刻などの視覚芸術の可能性を追求した結果なのです。

●出品作品リスト

作者名 タイトル 制作年 素材・技法
ワシリー・カンディンスキー 小さな世界Ⅰ 1922年 リトグラフ・紙
ワシリー・カンディンスキー 小さな世界Ⅱ 1922年 リトグラフ・紙
ワシリー・カンディンスキー 小さな世界Ⅲ 1922年 リトグラフ・紙
ワシリー・カンディンスキー 小さな世界Ⅳ 1922年 リトグラフ・紙
ワシリー・カンディンスキー 小さな世界Ⅴ 1922年 木版・紙
ワシリー・カンディンスキー 小さな世界Ⅵ 1922年 木版・紙
ワシリー・カンディンスキー 小さな世界Ⅶ 1922年 木版・紙
ワシリー・カンディンスキー 小さな世界Ⅷ 1922年 木版・紙
ワシリー・カンディンスキー 小さな世界Ⅸ 1922年 エッチング・紙
ワシリー・カンディンスキー 小さな世界Ⅹ 1922年 エッチング・紙
ワシリー・カンディンスキー 小さな世界XⅠ 1922年 エッチング・紙
ワシリー・カンディンスキー 小さな世界XⅡ 1922年 エッチング・紙
サム・フランシス サーキュラー・ブルー 1953年 油彩・画布
サム・フランシス 星の詩 1986年 リトグラフ
マーク・ロスコ No.28 1962年 油彩・画布
フランク・ステラ バルパライソ・フレッシュ 1964年 メタリックペイント・画布
フランク・ステラ イスファハーン 1967年 アクリル・画布
アド・ラインハート トリプティック 1960年 油彩・画布
アド・ラインハート 無題 1966年 シルクスクリーン・紙(10点組)
マーク・トビー Changing of the Square 1965年 テンペラ・板
バーネット・ニューマン 無題 1966年 シルクスクリーン・紙(木、アクリル板)
モーリス・ルイス ダレット・ペー 1959年 アクリル・画布
ドナルド・ジャッド 無題 1977年 アルミニウム・鉄
ケネス・ノーランド カドミウム・レディアンス 1963年 油彩・画布
ソル・ルウィット ストラクチャー 1978年 木製
カール・アンドレ ZInc-zinc Plain 1969年 亜鉛版