遊亀と靫彦─師からのたまもの・受け継がれた美─

2014年10月11日2014年11月24日


Yukihiko Yasuda & Ogura Yuki; Gift from the Master to the Pupil

滋賀県立近代美術館では、平成26(2014)年10月11日(土)から11月24日(月)まで、開館30周年特別展『安田靫彦生誕130年、小倉遊亀生誕120年 「遊亀と靫彦」 ―師からのたまもの・受け継がれた美―』を開催いたします。

明治28年(1895)滋賀県大津に生まれた小倉遊亀は、奈良女高師を卒業後、教鞭をとりながら画道を志し、大正9年(1920)安田靫彦(1884~1978)への入門を果たして、精進の結果日本を代表する日本画家へと成長を遂げました。

師靫彦と遊亀をつないだのは、女高師時代の二人の恩師、水木要太郎(1865~1938)と横山常五郎(1869~1938)でした。とくに大和の生き字引といわれた日本史の水木要太郎は、奈良に国内留学していた靫彦に慕われた歴史研究者で、コレクターとしても著名です。一方、遊亀がこの上なく憧憬した「法隆寺金堂壁画」と同じ線を今引けるのは安田靫彦しかいない、と教えたのは、東京美術学校出身の横山でした。

本展では、遊亀と靫彦の作品と、水木がコレクションした旧蔵品、靫彦の愛蔵品や、3人の交友を伝える資料から、水木が二人の画人にもたらしたものを検証し、近代日本画発展の一断章をさぐります。また、小倉遊亀まぼろしの名作である《花 其二》を80年ぶりに、《挿花小女之図》を87年ぶりに、また当館の新収蔵品『盛られた花』を30年ぶりにご覧いただける貴重な展覧会です。

なお、本展は小倉遊亀の出身地で、小倉作品を国内で最も多く所蔵する滋賀県立近代美術館開館30周年記念の特別展です。ぜひ皆様お誘い合わせの上、ご高覧ください。

 

なお会期中、作品の展示替がございます。展示替の予定については、このページの下方にある「出品作品リスト」をご覧ください。

会  期 2014年 10月11日(土)─11月24日(月・祝)
休 館 日 毎週月曜日。ただし10月13日、11月3日、24日は開館、10月14日、11月4日が休館
観 覧 料

一 般 1100円(900円) 高大生 800円(600円) 小中生 600円(400円)
( )内は前売および20名以上の団体料金
ローソンチケットでお買い求めの前売券は、当館総合受付(チケットカウンター)にて観覧券とお引き換え下さい。
ローソンチケットLコード:53584

前売券販売箇所のご案内はこちら

主  催 滋賀県立近代美術館、NHK大津放送局、NHKプラネット近畿、京都新聞
後  援 滋賀県教育委員会、BBCびわ湖放送
協  力 日本美術院、奈良女子大学
出品協力 伊豆市、横浜美術館
制作協力 NHKプロモーション
協  賛 あいおいニッセイ同和損保、日本写真印刷
助  成 芸術文化振興基金
展示構成

○靫彦作品:代表作と、水木や奈良在住時代の影響を感じられる作品、小倉遊亀との関わりが認められる作品を中心に。

○遊亀作品:代表作と、水木や奈良在住時代の影響を感じられる作品、師靫彦との関わりが認められる作品を中心に。

○水木コレクション:水木要太郎の収集した美術品を中心に。

○靫彦遺愛の品々:靫彦が絵画制作の「やしない」とした美術作品を中心に。

○関連資料:3人の間に交わされた書簡や、スケッチをはじめとする、親交にまつわる資料。

出品件数 安田・小倉絵画作品:安田80件・小倉70件程度  計約150件
水木のコレクション:20件
安田旧蔵・箱書きの作品:20件
資料:10件          出品予定総数 約200件
関連事業

●本展記念シンポジウム
 日時:10月25日(土) 午後1時30分─
 基調講演:尾崎正明氏(茨城県近代美術館長、前京都国立近代美術館長)
      高木博志氏(京都大学人文科学研究所教授)
 パネルディスカッション:尾崎正明氏・高木博志氏・安田由紀夫氏(安田靫彦令孫)・小倉健一氏(小倉遊亀令孫)
 司会 國賀由美子(当館専門学芸員) 
 会場:当館講堂、入場無料 ※当日、整理券を配付します。

●友の会設立30周年記念講演会
 演題:小倉遊亀さんとの思い出
 日時:10月19日(日) 午後1時─3時
 講師:武村正義氏(元滋賀県知事・元大蔵大臣)
 会場:当館講堂、入場無料(どなたでもご参加いただけます)

●日曜美術鑑賞会(展示品解説)
 日時:11月9日(日) 午後1時30分─
 講師 國賀由美子
 会場:当館講堂、入場無料

●たいけんびじゅつかん「親子で肖像画に挑戦!〜日本画に親しむ〜」
 (小中学生とその保護者対象の、本展に関連するワークショプ)*申込制・定員あり
 日時:10月18日(土) 午前10:00─午後4:00
 講師 垣見真由美氏(日本画家)
 会場:当館ワークショップルーム
 材料費 1人500円

(図版1)
小倉遊亀《径(こみち)》
昭和41年(1966)板地(ホモゲンホルツ)著色 1面
166.9cm×211.9cm 東京藝術大学蔵

 

 

 

 

 

 

(図版2)
安田靫彦《飛鳥の春の額田王》
昭和39年(1964) 紙本著色 1面
131.1cm×80.2cm 滋賀県立近代美術館蔵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(図版3)
安田靫彦《夢殿》
大正元年(1912) 絹本着色 1幅 
113.6cm×224.5cm
東京国立博物館蔵 Image: TNM Image Archives
展示期間:2014年10月11日(土)—10月26日(日)

 

 

 

●出品作品リスト(PDFダウンロード)

「出品作品リスト」(128KB)

●出品作品リスト*作品名に◎がついているものは重要文化財です。
*作品コンディション保全のため、会期中展示替えを行います。
*常設展示は、企画展の観覧券でご覧になれます。
*リストにない作品は、滋賀会場には出品されません。

※作品番号48 高野明神は、作品のコンディションにより出品を中止いたしました。

作品番号 作者 作品名 制作年 材質・技法 所蔵先 展示期間

第1章 安田靫彦》

1 安田靫彦 吉野訣別 明治32年(1899) 紙本著色 伊豆市 10/11〜11/9
2 安田靫彦 遣唐使 明治33年(1900) 絹本著色 10/11〜11/3
3 安田靫彦 宝の月 明治期 絹本著色 個人蔵 滋賀県立近代美術館寄託 10/11〜11/3
4 安田靫彦 木曽義仲図 明治36年(1903)頃 絹本著色 11/5〜11/24
5 安田靫彦 聖日蓮之門徒 明治36年(1903) 絹本著色 横浜美術館 10/11〜10/26
6 安田靫彦 宇治合戦図 明治38年(1905) 絹本著色 平塚市美術館 全期間
7 安田靫彦 松風 明治39年(1906) 絹本著色 横浜美術館 11/11〜11/24
8 安田靫彦 静訣別之図 明治39年(1906)頃 紙本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(〜10/26)
9 安田靫彦 法住寺合戦図 明治35年(1902)頃 絹本著色 11/5〜11/24
10 安田靫彦 出陣 明治35年(1902)頃 絹本著色 10/11〜11/3
13 安田靫彦 かちかち山 明治42年(1909) 紙本淡彩 株式会社ヤマタネ 全期間(場面替え有り)
14 安田靫彦 達磨 明治44年(1911)頃 絹本著色 伊豆市 10/28〜11/24
21 安田靫彦 王仁 明治44〜45年(1911〜12) 絹本著色 10/11〜11/3
22 安田靫彦 薩_王子捨身図 明治44年(1911)頃 絹本著色 栃木県立美術館 11/5〜11/24
26 安田靫彦 御産の_ 大正3年(1914) 絹本著色 東京国立博物館 11/11〜11/24
27 安田靫彦 水汲み 大正3年〜4年(1914〜15) 絹本著色 幸文庫 10/11〜10/26、11/11〜11/24
28 安田靫彦 項羽 大正5年(1916) 絹本著色 東京国立博物館 10/28〜11/9
29 安田靫彦 忠度訪俊成 大正5年(1916)頃 絹本著色 伊豆市 10/28〜11/24
30 安田靫彦 香具山 大正6年(1917)頃 絹本著色 個人蔵 滋賀県立近代美術館寄託 10/11〜10/26、11/11〜11/24
34 安田靫彦 神農 大正12年(1923) 絹本著色 川崎市市民ミュージアム 10/11〜11/3
35 安田靫彦 日食 大正14年(1925) 紙本著色 東京国立近代美術館 10/28〜11/24
36 安田靫彦 日食 大正14年(1925) 紙本著色 平塚市美術館 10/11〜10/26
37 安田靫彦 大正14年(1925) 紙本墨画 伊豆市 10/11〜10/26、11/11〜11/24
38 安田靫彦 西廂待月 大正15年(1926) 絹本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(〜10/26)
39 安田靫彦 晴花 昭和3年(1928) 絹本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(〜10/26)
42 安田靫彦 をぐらの山 昭和5年(1930) 絹本著色 三重県立美術館 10/11〜11/3
45 安田靫彦 朝顔 昭和6年(1931) 絹本著色 11/5〜11/24
46 安田靫彦 菖蒲 昭和6年(1931) 紙本墨画著色 京都国立近代美術館 10/11〜11/3
47 安田靫彦 挿花 昭和7年(1932) 紙本著色 東京国立近代美術館 10/28〜11/24
48 安田靫彦 高野明神 昭和7年(1932) 絹本著色 (有)島村画廊 出品中止
49 安田靫彦 鈴屋翁 昭和7年(1932) 絹本著色 三重県立美術館 11/5〜11/24
50 安田靫彦 鴨川夜情 昭和7年(1932) 紙本墨画著色 茨城県近代美術館 10/11〜11/3
51 安田靫彦 宮本二天像 昭和8年(1933) 絹本著色 平塚市美術館 10/11〜11/9
52 安田靫彦 源氏若紫図 昭和8年(1933) 絹本著色 茨城県近代美術館 11/5〜11/24
53 安田靫彦 鎌倉右大臣 昭和8年(1933)頃 絹本著色 10/11〜11/3
54 安田靫彦 月の兎 昭和9年(1934) 紙本墨画淡彩 愛知県美術館 10/28〜11/9
56 安田靫彦 羅浮仙 昭和10年(1935)頃 絹本著色 茨城県近代美術館 11/5〜11/24
58 安田靫彦 役優婆塞 昭和11年(1936) 紙本著色 群馬県立近代美術館 11/11〜11/24
59 安田靫彦 方丈閑日 昭和12年(1937) 紙本墨画淡彩 福井県立美術館 11/11〜11/24
60 安田靫彦 花づと 昭和12年(1937) 絹本彩色 10/11〜11/9
61 安田靫彦 昭和13年(1938) 絹本著色 11/5〜11/24
63 安田靫彦 阿呼詠詩 昭和14年(1939) 絹本著色 平塚市美術館寄託 11/5〜11/24
64 安田靫彦 天之八衢 昭和14年(1939) 紙本著色 福井県立美術館 10/11〜10/26
67 安田靫彦 ◎黄瀬川陣 昭和15年〜16年(1940〜41) 紙本著色 東京国立近代美術館 10/11〜10/26、11/11〜11/24
68 安田靫彦 源氏挙兵 昭和16年(1941) 紙本著色 京都国立近代美術館 全期間
70 安田靫彦 憶良の家 昭和17年(1942) 紙本著色 10/11〜11/3
71 安田靫彦 赤星母堂像 昭和18年(1943) 紙本著色 平塚市美術館 10/11〜11/3
72 安田靫彦 豊太閤 昭和戦前期 絹本著色 10/11〜11/3
73 安田靫彦 観世音菩薩像 昭和21年(1946) 絹本著色 11/5〜11/24
74 安田靫彦 古事記 昭和21年(1946) 紙本淡彩 愛媛県美術館 10/11〜11/3
75 安田靫彦 良寛和尚 昭和22年(1947) 紙本著色 平塚市美術館寄託 10/11〜11/3
76 安田靫彦 黄瀬川陣 昭和23年(1948) 絹本著色 10/28〜11/9
77 安田靫彦 紅花青花 昭和26年(1951) 紙本著色 横浜美術館 10/28〜11/9
78 安田靫彦 昭和26年(1951) 紙本著色 横浜美術館 10/11〜10/26
79 安田靫彦 観世音菩薩像 昭和20年代頃 絹本著色 個人蔵 滋賀県立近代美術館寄託 11/5〜11/24
81 安田靫彦 飛鳥をとめ 昭和33年(1958) 紙本著色 石川県立美術館 全期間
82 安田靫彦 昭和33年(1958) 紙本著色 全期間
83 安田靫彦 紅梅 昭和36年(1961) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 11/5〜11/24
85 安田靫彦 茶室 昭和37年(1962) 紙本著色 福島県立美術館 11/5〜11/24
86 安田靫彦 谷崎潤一郎氏像 昭和39年(1964) 紙本墨画著色 10/11〜11/3
87 安田靫彦 紅白椿 昭和39年(1964) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 10/28〜11/24
88 安田靫彦 飛鳥の春の額田王 昭和39年(1964) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 全期間
89 安田靫彦 卑弥呼 昭和43年(1968) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 11/5〜11/24
90 安田靫彦 飛鳥大仏と止利仏師 昭和47年(1972) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3
91 安田靫彦 草薙の剣 昭和48年(1973) 紙本著色 川崎市市民ミュージアム 11/5〜11/24
92 安田靫彦 鞍馬寺参籠の牛若 昭和49年(1974) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3
93 安田靫彦 岩野平三郎宛て書簡 大正12〜昭和9年(1923〜1934) 紙本墨書 個人蔵 福井県立美術館寄託 全期間

第2章 小倉遊亀》

94 小倉遊亀 ゼラニウム 大正期 絹本著色 個人蔵 滋賀県立近代美術館寄託 11/5〜11/24
95 小倉遊亀 童女入浴 大正15年(1926) 絹本著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3
96 小倉遊亀 挿花小女之図 昭和2年(1927) 紙本著色 全期間
97 小倉遊亀 首夏 昭和3年(1928) 絹本著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3
98 小倉遊亀 胡瓜 昭和3年(1928)頃 絹本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(10/28〜)
99 小倉遊亀 故郷の人達 昭和4年(1929) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 11/5〜11/24
100 小倉遊亀 雨後 昭和初期 絹本著色 10/11〜11/3
101 小倉遊亀 山茶花 昭和5年(1930)頃 絹本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(〜10/26)、11/5〜11/24
102 小倉遊亀 虫籠 昭和6年(1931) 絹本著色 一般社団法人 佐保会 11/5〜11/24
103 小倉遊亀 昭和7年(1932) 紙本著色 奈良女子大学 10/11〜11/3
104 小倉遊亀 母と子 昭和9年(1934) 絹本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(〜10/26)
105 小倉遊亀 花 其二 昭和9年(1934) 絹本著色 京都大学 全期間
106 小倉遊亀 アネモネ 昭和10年(1935) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(10/28〜)
107 小倉遊亀 初夏 昭和10年(1935)頃 紙本著色 11/5〜11/24
108 小倉遊亀 胡瓜 昭和11年(1936) 紙本著色 10/11〜11/3
109 小倉遊亀 受洗を謳う 昭和11年(1936) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(10/28〜)
110 小倉遊亀 童女 昭和13年(1938) 紙本著色 11/5〜11/24
111 小倉遊亀 観世音菩薩 昭和16年(1941) 絹本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(10/28〜)
112 小倉遊亀 夏の客 昭和17年(1942) 絹本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(〜10/26)
113 小倉遊亀 磨針峠 昭和22年(1947) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 11/5〜11/24
114 小倉遊亀 少将滋幹の母 挿絵・口絵・カット 昭和24〜25年(1949〜50) 紙本墨画著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3、常設展(全期間)
115 小倉遊亀 花屑 昭和25年(1950) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3
116 小倉遊亀 昭和26年(1951) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3
117 小倉遊亀 O夫人坐像 昭和28年(1953) 紙本著色 東京国立近代美術館 10/11〜11/9
118 小倉遊亀 佳器 昭和31年(1956) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3
119 小倉遊亀 良夜 昭和32年(1957) 紙本著色 横浜美術館 11/11〜11/24
120 小倉遊亀 家族達 昭和33年(1958) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(〜10/26)
121 小倉遊亀 家族達 昭和34年(1959) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3
122 小倉遊亀 葡萄 昭和34年(1959) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 11/5〜11/24
123 小倉遊亀 椿 昭和35年(1960) 紙本著色 10/11〜11/3
124 小倉遊亀 秋果 昭和35年(1960)頃 紙本著色 11/5〜11/24
125 小倉遊亀 憩う 昭和35年(1960) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 11/5〜11/24
126 小倉遊亀 コーちゃんの休日 昭和35年(1960) 紙本著色 東京都現代美術館 全期間
127 小倉遊亀 静物 昭和37年(1962)頃 紙本著色 11/5〜11/24
128 小倉遊亀 画人像 昭和37年(1962) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 11/5〜11/24
129 小倉遊亀 少女 昭和38年(1963) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(10/28〜)
130 小倉遊亀 盛られた花 昭和38年(1963) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 全期間
131 小倉遊亀 兄妹 昭和39年(1964) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3
132 小倉遊亀 昭和40年(1965)   板(ホモゲンホルツ)彩色 滋賀県立近代美術館 全期間
133 小倉遊亀 昭和41年(1966)   板(ホモゲンホルツ)彩色 東京藝術大学 全期間
134 小倉遊亀 観自在 昭和43年(1968) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(〜10/26)
135 小倉遊亀 舞妓 昭和44年(1969) 紙本著色 京都国立近代美術館 11/5〜11/24
136 小倉遊亀 姉妹 昭和45年(1970) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3
137 小倉遊亀 細雪 挿絵 昭和45年(1970)頃 紙本著色 滋賀県立近代美術館 全期間
138 小倉遊亀 紅梅白壺 昭和46年(1971) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(〜10/26)
139 小倉遊亀 瓶花 昭和47年(1972) 紙本著色 大津高校同窓会 10/11〜11/3
140 小倉遊亀 聴く 昭和49年(1974) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(全期間)
141 小倉遊亀 静物 昭和40年代 紙本著色 個人蔵 滋賀県立近代美術館寄託 11/5〜11/9
142 小倉遊亀 青巒 昭和51年(1976) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 11/5〜11/24
143 小倉遊亀 昭和52年(1977) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 全期間
144 小倉遊亀 或る御神像 昭和53年(1978) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(10/28〜)
145 小倉遊亀 菩薩 昭和54年(1979) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3
146 小倉遊亀 厨のもの(一) 昭和55年(1980) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3
147 小倉遊亀 厨のもの(二) 昭和55年(1980) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3
148 小倉遊亀 厨のもの(三) 昭和55年(1980) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 10/11〜11/3
149 小倉遊亀 おもいのたま 昭和56年(1981) 紙本墨画 薬師寺 全期間
150 小倉遊亀 大津皇子 昭和57年(1982) 紙本墨画 薬師寺 全期間
151 小倉遊亀 天武天皇 昭和58年(1983) 紙本墨画 薬師寺 全期間
152 小倉遊亀 並ぶ 昭和58年(1983) 紙本著色 横浜美術館 10/11〜10/26
153 小倉遊亀 つかのま 昭和58年(1983) 紙本著色 11/5〜11/24
154 小倉遊亀 うす霜 昭和59年(1984) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 11/5〜11/24
155 小倉遊亀 爛漫(緞帳原画) 昭和59年(1984) 紙本著色 奈良女子大学 11/5〜11/24
156 小倉遊亀 つぼみ 昭和60年(1985) 紙本著色 横浜美術館 10/11〜10/26
158 小倉遊亀 花と果物 昭和61年(1968) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(10/28〜)
159 小倉遊亀 春到 昭和62年(1987) 紙本著色 10/28〜11/24
160 小倉遊亀 古陶磁と青柿・白桃・マンゴーなど 昭和63年(1988) 紙本著色 滋賀県立近代美術館 常設展示室(〜10/26)
163 酒井三良 小倉遊亀宛てはがき 昭和24年(1949) 紙、墨 全期間
164 水原秋桜子 小倉遊亀宛て書簡 昭和54年(1979) 紙、インク 全期間
165 安田靫彦 小倉遊亀個展に際する推薦文 昭和53年(1978)以前 紙、インク 全期間
166 小倉遊亀 故安田先生に関する原稿 昭和53年(1978)8月 紙、インク 全期間
167 横山常五郎 図画科教授要目 明治末〜大正初期 紙、墨 奈良女子大学 全期間
168 水木要太郎、横山常五郎 教授要項 第五期 大正2年(1913)4月〜大正6年(1917)3月 紙、墨 奈良女子大学 全期間
169 『養徳』 大正2年〜大正5年(1913〜1916) 紙、印刷、墨 奈良女子大学 全期間
170 小倉遊亀卒業後現状報告書 大正6年、大正9年〜昭和10年(1917、1920)〜(1935) 紙、印刷、墨、
インク
奈良女子大学 全期間

第3章 水木要太郎》

171 安田靫彦 法隆寺金堂壁画第六号壁 観音菩薩像 模写 明治40年(1907)頃 紙本著色 川崎市市民ミュージアム 10/11〜11/3
172 安田靫彦 法隆寺金堂壁画第六号壁 勢至菩薩像 模写 明治41年(1908)頃 紙本著色 川崎市市民ミュージアム 11/5〜11/24
173 安田靫彦 守屋大連 明治41年(1908) 絹本著色 愛媛県美術館 10/28〜11/24
174 安田靫彦 聖徳太子図 明治41年(1908)頃 絹本著色 個人蔵 横浜美術館寄託 10/11〜10/26
175 安田靫彦 聖徳太子水鏡御影 模写 明治44年(1911)頃 絹本著色 法隆寺 10/11〜11/3
176 安田靫彦 上宮太子 大正元年(1912)頃 絹本著色 伊豆市 10/28〜11/24
177 安田靫彦 ≪夢殿≫画稿貼込帖 大正元年(1912) 紙、鉛筆、墨、
著色
横浜美術館 10/11〜10/26
178 安田靫彦 夢殿 大正元年(1912) 絹本著色 東京国立博物館 10/11〜10/26
179 安田靫彦 上宮太子 昭和9年(1934)頃 絹本著色 10/28〜11/24
181 安田靫彦 不動尊 制作年不詳 紙本墨画淡彩 個人蔵 横浜美術館寄託 10/28〜11/9
182 安田靫彦 安田靫彦書簡 明治41年(1908)〜昭和期 墨、紙、インク
ほか
個人蔵 横浜美術館寄託 全期間
183 安田靫彦ほか スケッチ 明治41年(1908) 紙本墨書、墨画、
淡彩
個人蔵 横浜美術館寄託 全期間
184 小倉遊亀 蕗薹図 昭和初期 紙本墨画 全期間
185 小倉遊亀 水木要太郎宛て書簡 大正7年〜昭和10年
(1918〜1935)
紙、墨、インク 個人蔵 横浜美術館寄託 全期間
186 富本憲吉 渡英前の自画像 明治41年(1908) 紙本墨画 全期間
187 富本憲吉 絵手紙 明治43年(1910) 紙本墨画 全期間
188 富本憲吉 湯飲み茶碗 大正2〜6年
(1913〜17)頃
陶器 全期間
189 水木要太郎 水木の大福帳 明治39〜昭和10年
(1906〜35)
紙本墨書、墨画、淡彩 天理大学附属天理図書館 全期間
190 水木要太郎 大福帳断簡 大正7年(1918)ほか 紙本墨書、墨画、淡彩 全期間
191 水木要太郎 三十九、四十、四十一、四十二、四十三年帳(断簡を含む) 明治39〜43年(1906〜10) 紙本墨書、墨画、淡彩 全期間
192 古かん(「かん」は石へんに間) 人物図巻 17世紀末〜18世紀初 紙本墨画淡彩 奈良県立美術館 10/11〜11/3
193 古かん(「かん」は石へんに間) 七福神図 17世紀末〜18世紀初 紙本墨画 奈良県立美術館 10/11〜11/3
194 古かん(「かん」は石へんに間) 踊布袋図 17世紀末〜18世紀初 紙本墨画 奈良県立美術館 11/5〜11/24
195 古かん(「かん」は石へんに間) 椿図 17世紀末〜18世紀初 紙本墨画淡彩 奈良県立美術館 11/5〜11/24
196 水木要太郎 番付表 昭和5年(1930)/制作年不明 紙本墨画 全期間
197 水木要太郎ほか 水木要太郎収集品目録 紙本墨画 全期間

第4章 遺愛の品々》

198 埴輪・男子首 6世紀頃 素焼 川崎市市民ミュージアム 10/11〜11/3
199 埴輪・女子首 6世紀頃 素焼 川崎市市民ミュージアム 11/5〜11/24
200 女神像 平安時代 木像 全期間
201 平治物語六波羅合戦残闕 鎌倉時代 紙本著色 11/5〜11/24
202 ◎孔子像 鎌倉時代・13世紀 絹本著色 東京国立博物館 10/11〜11/3
203 法花梅文瓶 中国・明時代 陶器 全期間
204 俵屋宗達 狗子図 17世紀 紙本墨画 全期間
205 俵屋宗達 月見豆 17世紀 紙本墨画 10/11〜11/3
206 俵屋宗達 伊勢物語色紙 第五十一段 菊 17世紀 紙本著色 11/5〜11/24
207 良寛 貞信尼に代りてよめる 19世紀初 紙本墨書 11/5〜11/24
208 良寛 消息「雪の中に」 19世紀初 紙本墨書 10/11〜11/3
209 良寛 和歌「このゆふべ」 19世紀初 紙本墨書 11/5〜11/24
210 良寛 無我 19世紀初 紙本墨書 10/11〜11/3
211 良寛 ふるさと 19世紀初 紙本墨書 11/5〜11/24
212 良寛 十字街頭 七言絶句 19世紀初 紙本墨書 山口蓬春記念館 10/11〜11/3
213 良寛 今日乞食 19世紀初 紙本墨書 山口蓬春記念館 11/5〜11/24
214 良寛 短歌「ながつきの」 19世紀初 紙本墨書 山口蓬春記念館 11/5〜11/24
215 良寛 短歌「わがまちし」 19世紀初 紙本墨書 山口蓬春記念館 11/5〜11/24
216 良寛 勧受食文 19世紀初 紙本墨書 山口蓬春記念館 10/11〜11/3
221 富本憲吉 色絵六角捻徳利 昭和24年(1949)頃 陶器 全期間
222 呉須赤絵鉢 陶器 滋賀県立近代美術館 全期間
223 伝天田愚庵 狗子像 19〜20世紀 木像 全期間