石山寺縁起絵巻の全貌 ~重要文化財七巻一挙大公開~

2012年10月6日2012年11月25日

Exhibition: Legends about the Origin of Ishiyama-dera Temple, Emaki

滋賀県大津市にある、西国巡礼十三番札所で紫式部ゆかりの古刹、石山寺(いしやまでら)。その草創と本尊の霊験譚を描いた重要文化財・石山寺縁起絵巻全七巻を一挙に公開する、これまでになかった展覧会です。

石山寺縁起絵巻は、生活史、あるいは交通史ほかの、またとない当時を伝える宝庫の資料として、これまでには多くの展覧会で当該部分のみ展観されてきました。また、石山寺縁起絵巻は、江戸時代初期のものをはじめ、多くの近世・近代期の模本が、寺外にも所蔵されていますが、その詳細について紹介されたことはこれまでありませんでした。

 今回の展覧会は、重要文化財本七巻を全巻一挙に公開する初の試みであるとともに、現在実施中の「模本等関連資料調査研究」の途中報告として、各種の模本や関連資料も公開し、その全貌を初めて提示するものとなります。

石山寺HP:http://www.ishiyamadera.or.jp/

●出品リスト&展示替え一覧表

出品作品リストおよび会期中の展示替え表はここからダウンロードできます。
「出品作品リスト」(76KB)

なお、PDFの閲覧には、Adobe Acrobat Reader が必要です。Adobe Acrobat Reader は、ここ から無料でダウンロードできます。
Adobe Acrobat は、アドビシステムズ社の商標です。 Copyright (C)2001 Adobe Systems Incorporated.

会  期 2012年 10月6日(土)-11月25日(日)
重要文化財全7巻一挙公開期間

10月6日(土)─14日(日)、11月13日(火)─25日(日)

*上記以外の期間のうち、 
10月16日(火)─10月28日(日)は各巻の前半が重要文化財、後半は江戸時代の模写本、
10月30日(火)─11月11日(日)は各巻の後半が重要文化財、前半は江戸時代の模写本での展示・公開となります。

休 館 日 毎週月曜日(ただし10月8日(月・祝)は開館、10月9日(火)は休館)
観 覧 料

一 般 950円(750円) 高大生 650円(500円) 小中生 450円(350円)
( )内は前売および20名以上の団体料金。 当観覧券で常設展示もご観覧いただけます。
ローソンチケットでお買い求めの前売券は、当館総合受付(チケットカウンター)にて観覧券とお引き換え下さい。
ローソンチケットLコード/59470

※石山寺会場と相互割引があります。
・美術館会場の入館券半券を、石山寺会場にお持ちいただくと、入山料(大人500円)を団体料金(大人400円)とさせていただきます。
・石山寺会場の半券を、美術館会場にお持ちいただくと、観覧料を団体料金とさせていただきます。
 (ただし本展覧会の会期中に限ります(11月25日まで))

前売券販売箇所のご案内はこちら

主  催

「石山寺縁起の世界」展実行委員会
(滋賀県立近代美術館、大本山石山寺、大津市観光振興課、社団法人びわこビジターズビューロー、公益社団法人びわ湖大津観光協会、一般社団法人石山観光協会、瀬田川流域観光協会)
・京都新聞社

後  援

滋賀県教育委員会、大津市教育委員会、NHK大津放送局、NHKサービスセンター、BBCびわ湖放送

出品予定作品

重要文化財 石山寺縁起絵巻(石山寺蔵)とその模本を中心に、絵巻に描かれた石山寺の歴史的出来事に関連する仏像や聖教類や、松平定信による六・七巻制作に関わる資料等を展示します。重要文化財本以外のおもな出品作は、以下の通りです。

【石山寺の歴史】
・重要文化財 金銅観世音菩薩立像(石山寺蔵)
・重要文化財 本尊像 像内納入品 銅造仏4躯のうち2躯 厨子1基(石山寺蔵)
・国宝 淳祐内供筆聖教(ぎょう)(薫聖教)(石山寺蔵)
・重要文化財 袈裟襷文銅鐸 (石山寺蔵)
・良弁僧正画像(石山寺蔵)

【松平定信による第六・七巻制作】
・古画類聚 谷文晁(東京国立博物館蔵)
・石山寺縁起絵巻草稿 谷文晁筆(東京国立博物館蔵)

【模写本】
・石山寺縁起絵巻模本(仁和寺蔵) 
・石山寺縁起絵巻  伝土佐光起本(石山寺蔵)
・石山寺縁起絵巻 模写 今村紫紅筆(東京国立近代美術館蔵)

ほか関連作品や資料等、約40点

「石山寺縁起の世界」展の会期と会場について

本展を含む「石山寺縁起の世界」展は、下記の2会場で開催される展覧会です。石山寺で開催される秋期寺宝展を石山寺会場、当館で開催する本展覧会を美術館会場と称しています。

【石山寺会場】 石山寺HP:http://www.ishiyamadera.or.jp/
会 場:大本山石山寺豊浄殿
タイトル:秋季「石山寺と紫式部」展 「石山寺の宝物─絵画の華麗・筆跡の典雅」
会 期:平成24年9月1日(土)─11月30日(金)
内 容:滋賀県立近代美術館における「石山寺縁起絵巻」全公開に合わせ、石山寺や「石山寺縁起絵巻」のより深い理解につながるよう、特に広く知られる石山寺所蔵の源氏絵や聖教類を展示。

関連の催し:
■石山寺写経会
日 時:毎月第2日曜日 午前10時より(所要時間:約90分)
費 用:3000円
定 員:各回30名(先着順)
参加方法:下記に申込が必要。申込状況によっては、当日受付も可能。
問い合わせ先:大本山石山寺 TEL:077‐537‐0013

■ボランティアガイドと巡る石山寺ツアー
日 時:平成24年9月1日(土)─11月25日(日)までの土・日・祝
午前10時、午後1時、午後2時より開始(所要時間:約90分)
費 用:1,000円
参加方法:希望日の前日午後5時までに、下記に申込が必要。
問い合わせ先:石山観光協会 TEL: 077‐537‐1105

■石山寺秋月祭
日 時:平成24年9月29日(土)、30日(日) 午後6時─午後9時(最終入山は午後8時30分)
費 用:500円(夜間特別拝観料)
問い合わせ先:石山観光協会 TEL: 077‐537‐1105

■石山寺もみじライトアップ&狂言十八番
日 時:平成24年11月17日(土)─25日(日) 午後5時30分~8時30分(最終入山は午後8時)
費 用:500円(夜間特別拝観料)
問い合わせ先:石山観光協会 TEL: 077‐537‐1105

■ワークショップ「『石山寺縁起絵巻』に描かれた石山寺を歩く」
内 容:「石山寺縁起絵巻」全7巻のなかから、石山寺境内が描かれている10か所を選び、その場所に設置された案内看板をみながら境内を廻り、質問等も受け付けます。ご案内は石山寺座主と副座主。
開催日時:第1回 10月13日(土) 午後1時─2時30分頃
     第2回 11月11日(日) 午後1時─2時30分頃
     ※ワークショップは2回とも同じ内容で、連続するものではありません。
場 所:石山寺境内(滋賀県大津市石山寺1-1-1)
定 員:各回30名(定員を超えた場合は抽選となります)
料 金:入山料500円
主 催:石山寺、石山寺縁起の世界展実行委員会
参加申込方法:
往復はがきの【往信面】に(1)参加希望日、(2)参加者全員の氏名(ふりがな)、(3)申し込み者の郵便番号、(4)申し込み者の住所、(5)申し込み者の電話番号、【返信面】の宛先に申し込み者の(1)郵便番号、(2)住所をご記入の上(はがき1枚につき2名様まで申し込み可)、各回の申し込み締切日までにお申し込み下さい(必着)。
申し込み締め切り:第1回実施分:10月3日(必着)/第2回実施分:11月1日(必着)
申し込み先:〒520-0861 大津市石山寺1-1-1 石山寺「ワークショップ」係
※お申し込みは1回につきはがき1枚とさせていただきます。
備 考:
※以下の場合のお申し込みは無効といたしますのでご了承ください。
 (1)申し込み期間外や往復はがき以外の方法でのお申し込み
 (2)はがき1枚で3名以上のお申し込み
 (3)申し込みに必要な事項の記載が不十分の場合
※集合場所等は、ご参加いただける方へお送りする参加証に記載いたします。
※境内は高低差があるため石段の上り下りがございますが、バリアフリー対応を行なっておりません。何卒ご了承下さい。
※お申し込みの際にご記入いただいた個人情報は、このワークショップに関連する連絡のみに使用いたします。
※ワークショップの内容と参加方法に関するお問い合せ:
 石山寺ワークショップ係 / Tel.077-537-0013

石山寺へご参拝されるお客様へのご案内

○タクシー料金の割引
当館から直接石山寺へタクシーをご利用される場合には、利用料金の割引(200円)があります。「石山寺縁起絵巻の全貌」観覧券の購入時に「タクシー利用」の旨をお申し出ください。タクシー利用補助券をお渡ししますので、石山寺での下車時に補助券とともに差額の料金をお支払いください。なお、補助券は発行当日に限り、タクシー1台につき1枚のご利用とさせていただき、当館から直接石山寺へ行かれる場合に限らせていただきますので、あらかじめご了承ください。

○石山寺観光駐車場料金の割引
乗用車をご利用の場合には、駐車場入口で「石山寺縁起絵巻の全貌」観覧券の半券をご呈示いただきますと、駐車料金の割引(600円→500円)があります(11月25日まで)。なお、対象車は乗用車のみで、バスは割引の対象とはなりません。

○石山寺入山料の割引
入山料のお支払い時に「石山寺縁起絵巻の全貌」観覧券の半券をご呈示いただきますと、団体料金扱いとなります(11月25日まで)。なお、この適用は入山料のみで特別展会場の豊浄殿入館料は通常料金となります。

○企画展観覧料の割引
石山寺の半券をご呈示いただきますと、「石山寺縁起絵巻の全貌」観覧料を団体料金扱いとさせていただきます。(11月25日まで)

関連事業

■新作狂言「石山寺霊験~石山寺縁起絵巻第五巻第三段より~」 
石山寺縁起絵巻にちなんで創作された狂言を初披露します。
作 者:大蔵流狂言師 木村正雄氏
演 者:
 太郎冠者   柳本勝海氏
 勢田の男   五明寛明氏
 勢田の女   坂田安美氏
 宇治の女   西原 円氏
日 時:平成24年10月6日(土) 午後1時30分から午後3時 開場は、午後1時20分から。 
整理券(当日正午より当館エントランスにて配布します)が必要です。
会 場:当館講堂 入場無料

■ 講演会
日 時:平成24年10月14日(日) 午後1時30分から午後3時
演 題:「謎のプロジェクト-石山寺縁起絵巻全7巻の制作」 
講 師:成城大学教授 相澤正彦氏
会 場:当館講堂 入場無料

■座主のお話しと、知事を囲んで、本展記念シンポジウム
日 時:平成24年10月28日(日) 午後2時から午後3時30分
基調講演:大本山石山寺座主 鷲尾遍隆猊下
パネラー:滋賀県知事 嘉田由紀子・滋賀県立琵琶湖博物館 橋本道範・滋賀県立近代美術館 國賀由美子
コーディネーター: 滋賀県立近代美術館 学芸課長 高梨純次
会 場:石山寺明王院(当美術館ではありませんのでご注意ください)
参加費:無料
*往復ハガキのみによる事前申込制
応募方法:往復ハガキに、①イベント名、②参加希望者(2名まで)全員の氏名とふりがな、③郵便番号と住所、④電話番号、⑤FAX番号(お持ちの場合)をご記入の上、締切日必着で、滋賀県立近代美術館までお送りください。
申込締切:平成24年10月15日(月) 必着
定 員   :100名(申込多数の場合は抽選となります。)

■日曜美術鑑賞会(展示品解説)
日 時:平成24年11月4日(日)午後1時30分から午後3時
演 題:「さあ覗こう!石山寺縁起絵巻の世界」
講 師:國賀由美子(当館主任学芸員)
会 場:当館講堂 入場無料

■たいけんびじゅつかん(親子のためのワークショップ)
Ⅰ「てぬぐい絵巻 ~てぬぐいをデザインしよう~」
内 容:石山寺縁起絵巻に登場する人々や風景、動物などを参考に、てぬぐいを絵巻風にデザインします。できあがったてぬぐいは最後、絵巻のように仕立てます。※てぬぐいとしても使用可。
日 時:平成24年10月27日(土) 午後1時から午後4時30分まで
対 象:小中学校全学年とその保護者(お子さまと保護者一緒にお申込みください。)
定 員:15家族程度(定員を超えた場合は抽選となります)
申込締切:平成24年10月15日(月) 必着

■たいけんびじゅつかん(親子のためのワークショップ)
Ⅱ「絵巻×マンガ 意外なカンケイ ~マンガを描いてみよう~」
内 容:絵巻はマンガの原点と言われることもあり、人の表情やものの動きなど、あらゆる点でとても似ています。そんな絵巻とマンガの似ているところをみんなで探ります。また、若手漫画家によるマンガの描き方講座も行います。
日 時:平成24年11月23日(金・祝) 午前11時から午後4時まで
対 象:小学校4年生~中学校3年生の子どものみ(保護者の方の見学は可能です)
定 員:30人
申込締切:平成24年11月12日(月) 必着

〈Ⅰ・Ⅱ共通事項〉
会 場:滋賀県立近代美術館 ワークショップルーム・企画展示室
講 師:当館嘱託職員
材料費:お一人500円 ※保護者の方は観覧券(団体料金750円)が必要です。
応募方法:往復ハガキで応募される場合は、①希望される日とイベント名、②参加される方全員の氏名とふりがな、お子さまの学年、③郵便番号と住所、④電話番号、⑤FAX番号(お持ちの場合)をご記入の上、締切日必着で、滋賀県立近代美術館までお送りください。当館ホームページでも、応募を受け付けております。

(図版1)
重文 石山寺縁起絵巻 第1巻第1段より
聖武天皇の勅命を受けた良弁が、蔵王権現の夢告で寺地選定。老翁(比良明神)の託宣を受け、岩山(石山)の地に草庵を建てる。こうして、聖武天皇勅願寺として石山寺が建立された。

 

 

 

 

(図版2)
重文 石山寺縁起絵巻 第3巻第3段より
『更級日記』の作者として有名な、菅原孝標女の石山参詣。途中雪が降り、風吹く逢坂の関を超えるとき、以前父が任地に赴く際ともなったことを思い起こした。

 

 

 

 

 

(図版3)
重文 石山寺縁起絵巻 第4巻第1段より
紫式部は、主の上東門院(藤原彰子)から、叔母の選子内親王のためにと物語制作を下命される。7日間石山寺に参籠し、湖水に映える月を眺めるうちに構想がまとまる。料紙の用意がなく、本尊から『大般若経』の料紙を請い受け、『源氏物語』を書き始めた。